大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

徳姫(とくひめ)とは?信長の娘で徳川信康の妻 瀬名(築山殿)との関係と性格 大河「直虎」の子役キャストは植原星空

更新日:

 

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」に登場する徳姫

子役キャストとして植原星空が演じるこの人物について、

難しい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説していきます!

 

スポンサーリンク

 

織田信長の娘として生まれる徳姫(五徳)

 

徳姫(とくひめ)は、

織田信長の長女として尾張国(愛知県西部)にて生まれます。

五徳(おごとく)とよばれていたころもありました。

母親は、織田信長の側室・生駒吉乃とされていますが、諸説あります。

 

 

徳川家康の長男・徳川信康と結婚する徳姫

 

徳姫が生まれた当時、

織田家と徳川家は同盟関係にありました。

その同盟をさらに強いものとするために、

徳姫が幼いころに、徳川家康の長男・徳川信康と結婚することが決められます。

 

その約束通り、徳姫は徳川信康と結婚。

徳川信康との間に、登久姫・熊姫の2人の娘が生まれます。

 

スポンサーリンク

 

徳川信康・瀬名(築山殿)と不仲だったとされる徳姫

 

しかしながら徳姫は、夫・徳川信康やその母である瀬名(築山殿)

仲が悪かったといわれています。

(諸説あります)

 

そのため、徳川家康も仲裁に入るため、

わざわざ浜松から岡崎まで足を運んだともいわれています。

 

徳川家康にとって、単なる息子の嫁、というだけではありません。

徳姫はあの織田信長の娘であり、

当時、徳川家康は織田信長に対して頭が上がりませんでしたので、

非常に気を遣っていた可能性もあります。

 

徳川信康・瀬名(築山殿)の悪口手紙を織田信長に送る徳姫

 

その不仲が原因かどうかは定かではありませんが、

徳姫は、徳川信康瀬名(築山殿)の悪口を書いた手紙を12通も織田信長に送りつけます。

その中には、当時織田家と敵対関係にあった武田家に対して、

「信康が武田家と密通している」と書かれているものもあり、

織田信長は大激怒することとなります。

 

スポンサーリンク

 

切腹に追い込まれる徳川信康

 

怒った信長を説得しようと、

徳川家康の家臣の酒井忠次大久保忠世らが交渉にあたりますが、うまくいきません。

 

結果、徳川信康は切腹に追い込まれることに。

瀬名も殺されてしまいます。

 

小牧・長久手の戦い後、豊臣秀吉の人質となる徳姫

 

徳川信康が切腹した後、

徳姫は徳川家を出て織田信長のいる安土に行くこととなります。

 

そして、織田信長が本能寺の変で亡くなると、

兄である織田信雄に保護されます。

 

しかし、その後は豊臣秀吉が力を付けていったことによって、

織田家は弱まっていきます。

それを阻止するために、織田信雄は徳川家康とともに豊臣秀吉と戦うこととなります。

これが「小牧・長久手の戦い」です。

 

結局、この戦いは勝敗がつかず、話し合いによって終わりを迎えますが、

その際に、徳姫は豊臣秀吉の人質として、京都に行くこととなります。

 

その後、豊臣秀吉はさらに力を付けていき、

織田家の力はさらに弱体化。

秀吉は、織田信雄改易(領地を没収すること)されてしまいます。

 

徳姫の最期

 

その後、豊臣秀吉が亡くなり、

関ヶ原の戦いで徳川家康が石田三成に勝利。

徳川家康の四男から1000石を超える領地を与えられ、

晩年は京都で過ごしたとされます。

 

そして、1636年に亡くなっています。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 人物解説一覧

スポンサーリンク

-おんな城主直虎

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.