大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

徳川慶勝(とくがわよしかつ)についてわかりやすく!第一次長州征伐の総督 写真が趣味 大河ドラマ「西郷どん」キャストは小宮孝泰

投稿日:

 

2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」に登場する

徳川慶勝(とくがわ よしかつ)について

むずかしい言葉をできるだけ使わずに、わかりやすく解説していきます!

大河ドラマのキャストは小宮孝泰さん。

 

スポンサーリンク

 

徳川慶勝(とくがわよしかつ)の生い立ち

徳川慶勝は、1824年に江戸にて生まれます。

父は美濃高須藩(現在の岐阜県海津市)の藩主・松平義建です。

 

松平義建の息子たちには、

尾張藩15代藩主・徳川茂徳、会津藩主・松平容保、桑名藩主・松平定敬

のような人物がおり、

徳川慶勝をふくめた4人は「高須四兄弟」と呼ばれています。

 

また、徳川慶勝と一橋慶喜(徳川慶喜)とはいとこ関係となります。

 

 

藩主になるも、井伊直弼に抗議して謹慎に

徳川慶勝は、尾張藩の14代藩主となります。

 

しかしその後、

大老となった井伊直弼が、朝廷の許しを得ずにアメリカと日米修好通商条約を結ぶと、

徳川慶勝は、前水戸藩主の徳川斉昭一橋慶喜とともに、江戸城に勝手に乗り込んで井伊直弼に抗議します。

スポンサーリンク

それにより、徳川慶勝は、徳川斉昭や一橋慶喜とともに謹慎処分となってしまいます。

このころ、当時欧米から伝わったばかりの写真に興味を持ち、

写真を撮るようになりました

(徳川慶勝が撮影した写真の中には、明治維新後に取り壊された建造物などもあり、非常に貴重な資料となっています)

 

その後、井伊直弼は、桜田門外の変で殺害されると、

14代将軍・徳川家茂の補佐となり、

さらには尾張藩主の後見人となって、尾張藩の実権を握るようになります。

 

第一次長州征伐の総督に

禁門の変(蛤御門の変)にて御所を襲った長州藩は朝敵(朝廷の敵)となり、

幕府によって長州藩を討つこととなります(第一次長州征伐)

 

このとき、幕府側の総督に任命されたのが、徳川慶勝でした。

また、このとき西郷吉之助は、大参謀(実質的な総指揮)に任命されています。

スポンサーリンク

第一次長州征伐は、西郷吉之助の交渉により、

禁門の変の責任者となる長州藩の家老3人が切腹するという条件で

長州藩が降伏する形で終わりました。

 

その後の徳川慶勝

徳川慶勝はその後、

大政奉還のころには、新政府の側につき、

鳥羽・伏見の戦いでは、明け渡された大坂城を、新政府側の代表として受け取っています。

スポンサーリンク

その後、徳川慶喜(一橋慶喜)や、戊辰戦争で新政府軍と激しく戦った会津藩の松平容保の

助命に尽力します。

 

そして、徳川慶勝は1883年に亡くなります。

享年60。

西郷どん 人物解説一覧

スポンサーリンク

-西郷どん

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.