大河ドラマで学ぶ日本の歴史

大河ドラマに出てくる人物などを、むずかしい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説!

徳川信康(松平信康)とは? 母は瀬名(築山殿) 切腹の真相やその子孫について 大河「直虎」のキャストは平埜生成

更新日:

 

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」に登場する徳川信康

ドラマでは平埜生成が演じるこの人物について、

難しい言葉をできるだけ避けてわかりやすく解説していきます!

 

スポンサーリンク

 

今川家の人質として危険がせまる幼少期の徳川信康

 

徳川信康の父親はあの徳川家康

母親は、瀬名(築山殿)という人物です。

徳川信康が生まれたころの徳川家は今川家に従う立場でした。

そのため、幼少期の徳川信康は、人質として今川家のある駿府(静岡県静岡市)におかれます。

 

しかし、桶狭間の戦いで、今川家は織田信長に大敗

それをチャンスとみた徳川家康は、岡崎城(愛知県岡崎市)に入って今川家から独立してしまいます。

それに今川家は激怒。

人質となっていた徳川信康と母の瀬名(築山殿)の身に危険がせまります

しかしながら、徳川家康の家臣である石川数正の交渉により、

2人は無事岡崎城への逃れることができました。

交渉は、桶狭間の戦いで捕虜となっていた今川家の家臣である鵜殿氏長・鵜殿氏次との人質交換という形で話が進んだとされています。

 

織田信長の娘・徳姫と結婚

 

その後、徳川家と織田家の間に同盟(清州同盟)が結ばれます。

そして徳川信康は、織田信長の娘・徳姫と結婚することになります。

いわば、政略結婚というものです。

そのせいか、徳姫と徳川信康・瀬名の関係はあまり良くなく、

仲が悪かったとされています。

 

そして、徳川家康が岡崎城から浜松城に移った際には、

徳川信康は岡崎城の城主となっています。

なお、徳川信康の後見人として、今川家からの救出で活躍した石川数正がついています。

 

徳川信康の働きは非常に優秀で、長篠の戦いや遠江横須賀の戦いなどで見事な戦いぶりをみせたといわれています。

スポンサーリンク

 

織田信長に切腹させられる徳川信康

 

そのように優秀だった徳川信康ですが、

父である徳川家康が将軍となり江戸幕府を開いたあと、

父を継いで将軍になったという話はありません。

実は、江戸幕府が開かれるはるか前に、切腹によって亡くなっているのです。

 

なお、ここからの話は諸説あり様々な見解がありますが、その一部を紹介します。

 

ことの発端は、徳川信康の妻である徳姫でした。

徳姫は、徳川信康や母・瀬名(築山殿)と非常に仲が悪かったとされています。

そのためか、徳姫は父である織田信長に対して、信康と瀬名のこと書いた12通もの手紙を送ります。

手紙の内容は、ざっくりいうと「チクリ」

こんな悪いことやってますよ」的な内容ばかりでした。

その中には、当時織田家と敵対していた「武田家と内通していますよ」というものもあり、

織田信長は大激怒。

織田信長は徳川家康に対し「徳川信康を処罰しろ!」と圧力をかけられ

徳川家康はやむなく徳川信康に切腹させることを決断した、

といわれています。

なお、切腹の際に介錯(切腹の際に首を切り落とす役目)を務めたのは、あの服部半蔵だといわれています。

 

そして、瀬名(築山殿)も徳川家康の命令によって殺害されています。

 

と、ここまで複数ある説のうち1つをお伝えしましたが、

他にもたくさん説があります。

 

「徳川家康との不仲説」

「徳川家内の派閥争い説」

「酒井忠次と石川数正の対立説」

「徳川家康が影武者と入れ替わっていた説」

 

などあります。↓にて他の説を詳しく解説しています。
徳川信康(松平信康)の切腹の理由について、様々な説を紹介!

 

徳川信康の子孫

 

徳川信康には徳姫との間に2人の娘がいました。

 

まず紹介するのが姉の登久姫

のちに豊臣秀吉の仲介で小笠原秀政と結婚し、

その間に生まれた男子たちは松本藩吉田藩の藩主になり、

女子たちも肥後熊本藩阿波徳島藩などに嫁ぎました。

 

そして妹の熊姫

その息子たちはは播磨姫路新田藩陸奥白河藩の藩主となり、

娘も小倉藩主に嫁ぎました。

徳川信康(松平信康)の切腹の理由について、様々な説を紹介!

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 人物解説一覧

スポンサーリンク

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 , 2018 All Rights Reserved.