大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

U-NEXTでは大河ドラマ最新回や過去の作品も配信中!お得に観る方法を伝授!

動画配信サービス「U-NEXT」では 現在放送中の大河ドラマ「西郷どん」の最新回や、 「真田丸」「龍馬伝」などの過去の大河ドラマが配信されていることをご存知ですか? そこで、今回は、 大河ドラマファン ...

続きを見る

徳川斉昭とは?(とくがわなりあき) 島津斉彬や一橋慶喜との関係 大河ドラマ「西郷どん」キャストは伊武雅刀

更新日:

 

2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」に登場する徳川斉昭(とくがわなりあき)について、

むずかしい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説していきます!

キャストは伊武雅刀さん。

スポンサーリンク

 

 徳川斉昭の生い立ち

徳川斉昭は1800年に生まれます。

父は水戸藩の第7代藩主・徳川治紀です。

 

徳川斉昭は三男でした。

長男の徳川斉脩が父を継いで第8代水戸藩主となるものの、はやくに病死してしまいます。

次男は高松藩に養子に出されていましたので、

徳川斉昭が継いで、第9代水戸藩主となります。

 

水戸の藩政改革

藩主となった徳川斉昭は、水戸の藩政改革を行いました。

改革の一つとして、藩校「弘道館」を設立し、教育に力を入れます。

さらに、身分の低い武士からも人材登用、

西洋近代兵器の国産化を推進するなどしました。

 

一方で、仏教を弾圧するような政策を行い罪に問われたため、

幕府より家督を息子の徳川慶篤に譲るよう命令を受けます。

スポンサーリンク

 

ペリー来航、海防参与に

ペリーが来航し、幕政が混乱する中で、

西洋式兵器に詳しい徳川斉昭は、

老中首座・阿部正弘の求めにより、海防参与となります。

このとき、74門もの大砲や西洋式軍艦「旭日丸」を幕府に献上しています。

 

徳川斉昭は攘夷を強く主張しており、

開国派の井伊直弼と対立していきます。

 

将軍継嗣問題

そのころの将軍である徳川家定(13代)は、体が弱く後継者が産めないとされていたので、

次の将軍に二人の候補が挙げられます。

 

1人目は、紀州藩主の徳川慶福

そして2人目が、徳川斉昭の息子・一橋慶喜でした。

 

徳川慶福を推す「南紀派」(井伊直弼、本寿院など)

一橋慶喜を推す「一橋派」(徳川斉昭・島津斉彬松平慶永

が対立。

 

その後、島津斉彬阿部正弘が急死。

一橋派の力が弱まっていきます。

そして、大老となった井伊直弼の独断により

日米修好通商条約を結び、

徳川慶福を14代将軍・徳川家茂とします。

 

徳川斉昭の最期

井伊直弼の独断に対し、

徳川斉昭は、一橋慶喜らとともに抗議をするため江戸城に無断と登城します。

しかし、それがとがめられて、徳川斉昭と一橋慶喜は謹慎処分となります。

 

さらに、孝明天皇より、「戊午の密勅」が水戸藩に直接下されます。

幕府を通さず勅命が下されたことに井伊直弼は激怒し、徳川斉昭は永蟄居(一生謹慎させられる)を命令され、

その1年後、亡くなります。

西郷どん 人物解説一覧

スポンサーリンク

-西郷どん

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.