大河ドラマで学ぶ日本の歴史

大河ドラマに出てくる人物などを、むずかしい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説!

『天狗倶楽部』とは?わかりやすく解説!大河ドラマ「いだてん」に登場 押川春浪・三島弥彦などが属したスポーツ愛好会

更新日:

 

2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に登場する

『天狗倶楽部』というスポーツ愛好会について、

むずかしい言葉を使わずに、わかりやすく解説してきます!

 

スポンサーリンク

『天狗倶楽部』とは?

『天狗倶楽部』は、

野球好きのSF小説作家・押川春浪を中心に集まった、

いわばスポーツ愛好会です。

 

メンバーは多いときで100人を超えていたようですが、

正式な入会手続きのようなものはなく、

「スポーツやろうぜ!やりたいやつ集まろうぜ!」的な

ゆるやかな集まりだったようです。

 

そのため、結成時期も定かではありませんが、

1909年ごろだとされます。

 

『天狗倶楽部』の活動

野球好きの押川春浪を中心に集まったため、

最初のころは野球の活動が中心でした。

その後、相撲、テニス、柔道、陸上、ボートなどを行っていきます。

 

スポーツを楽しむことを目的に活動しており、

酒豪メンバーも多く、試合後には酒を楽しむこともあったようです。

 

『天狗倶楽部』の主なメンバー

押川春浪・・・SF作家

三島弥彦・・・ストックホルム五輪 短距離代表

吉岡信敬・・・早稲田大学の応援隊長、あだ名「ヤジ将軍」

中沢臨川・・・鉄道会社の電気技師

押川清・・・中日ドラゴンズの前身となる球団を設立

飛田穂洲・・・「学生野球の父」と呼ばれる。

作家、政治家、公務員、学生、会社員など、様々な業種のメンバーが集まり、

のちに日本スポーツの歴史に名を残す人物も多くいます。

 

新渡戸稲造らによる「野球害毒論」を批判

『天狗倶楽部』が活動していたころ、

有識者たちから「野球害毒論」が唱えられていました。

 

新渡戸稲造は

「野球は、相手を騙して陥れようとする遊びだ」などと批判。

『武士道』などを著した新渡戸稲造にとって、盗塁など相手を騙そうとするスポーツは受け入れがたかったのでしょうか。

 

他にも

「学生が時間を浪費し、勉強をおろそかにする」

など、学生が野球に没頭して勉強しないことを危惧するものや、

 

「手に強い衝撃を受けるため、脳に悪影響を与える」

など、科学的根拠は?といいたくなるものまで、

多岐にわたって野球批判が行われました。

 

それだけ当時の若者たちの中で野球がブームとなっていた表れかもしれません。

 

押川春浪は新渡戸稲造を相手に論戦を交わしますが、

体調を崩し、1914年に脳膜炎で亡くなります。

 

押川春浪の死後、『天狗倶楽部』は自然消滅していきます。

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』人物解説・キャスト一覧

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 , 2019 All Rights Reserved.