大河ドラマで学ぶ日本の歴史

大河ドラマに出てくる人物などを、むずかしい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説!

田畑政治(たばた まさじ)の経歴についてわかりやすく解説!東京オリンピックの立役者 出身地は浜松 大河ドラマ「いだてん」キャストは阿部サダヲ

更新日:

 

2019年NHK大河ドラマ「いだてん」に登場する

田畑政治(たばた まさじ)の経歴について、

むずかしい言葉をできるだけ使わずに、わかりやすく解説していきます!

田畑政治役キャストは阿部サダヲ

いだてん人物解説一覧

 

スポンサーリンク

田畑政治(たばた まさじ)の生い立ち

田畑政治(たばた まさじ)は1898年(明治31年)12月1日、

静岡県浜松市にて生まれます。

裕福な酒屋の家庭でした。

 

浜松は、

水泳が盛んだった浜名湖の近くにあるため、

田畑政治も水泳にのめりこんでいきます。

 

選手としては断念するも、指導者に

水泳の実力を伸ばしていった田畑政治でしたが、

旧制浜松中学校(現在の浜松高校)のころ盲腸炎と大腸カタルにかかり、

医者より「泳げば死ぬ」と言われてしまいます。

 

そのため、選手として水泳にかかわることは断念。

 

しかしながら、

選手ではなく指導者となる道を選び、

その後、大きく活躍していくことになります。

 

旧制浜松中学校では後輩たちを優勝に導き、

卒業後、第一高等学校に進学しても頻繁に浜松に戻り、

後輩たちの指導にあたっています。

 

スポンサーリンク

朝日新聞社に入社

勉学も非常に優秀だった田畑政治は、

東京帝国大学に進学。

 

卒業後、1924年(大正13年)には朝日新聞社に入社しました。

政治部にて非常に熱心に取材活動をおこない、

政治家たちからも気に入られていたといわれています。

 

アムステルダム五輪・ロサンゼルス五輪

朝日新聞社に入社した後も、

田畑政治は水泳の指導を続けていました。

 

そして、

「日本水上陸上競技連盟」の理事に就任。

 

1928年(昭和3年)のアムステルダム五輪(オランダ)に向けて

選手の育成に尽力します。

 

その結果、

男子200m平泳ぎの鶴田義行が金メダル、

米山弘、佐田徳平、新井信男、高石勝男が男子800m自由形リレーで銀メダル、

高石勝男が男子100m自由形で銅メダル

を獲得することとなります。

 

 

勢いづいた日本の水泳は、

4年後の1932年(昭和7年)のロサンゼルス五輪(アメリカ)では、

金メダル5
銀メダル5
銅メダル2

を獲得することとなります。

 

結婚、そしてベルリン五輪

ロサンゼルス五輪の翌年の1933年(昭和8年)

田畑政治は菊枝という女性と結婚します。

 

次に目指すは1936年(昭和11年)のベルリン五輪(ドイツ)

しかし、このころのドイツといえば、

ヒトラー率いるナチス政権の時代です。

 

もともとベルリンでは1916年にオリンピックが行われる予定でしたが、

第一次世界大戦の真っただ中であったため、中止に

 

反ユダヤ政策を掲げていたヒトラーは、

オリンピックを「ユダヤ人の祭典」として開催に難色を示していたものの、

ドイツの国力を示すことやプロパガンダに利用できる、など説得され、開催に同意しました。

 

「ヒトラーのオリンピック」とも呼ばれたこのベルリン五輪でも、

田畑政治が指導した水泳選手たちは好調で、

金メダル4
銀メダル2
銅メダル5

という結果になりました。

 

幻の1940年東京オリンピック

次のオリンピックは、

1940年(昭和15年)に東京で開催される予定でした。

東京オリンピック開催に向けて、田畑政治も尽力しています。

 

しかし、

1937年(昭和12年)の盧溝橋事件を発端とする日中戦争により、

日本は国際的に強い非難を受け、孤立していくようになっていました。

 

そのため、軍部の反対などもあり、開催は中止に。

1940年東京オリンピックは、幻と消えるのでした。

 

代わりにフィンランドのヘルシンキで行う予定となりましたが、こちらも第二次世界大戦により中止になっています。

 

ちなみに、1944年(昭和19年)にはロンドンで開催される予定でしたが、

やはり戦争のため中止となり、

ロンドンオリンピックは1948年(昭和23年)に延期となります。

 

敗戦、1948年ロンドンオリンピックには出場を断られる

1945年(昭和20年)に日本は敗戦。

 

日本が戦争を行っていた間、

オリンピックなどの国際大会に出場できなかっただけではなく、

多くの有望な選手たちを失うことなりました。

 

戦後、田畑政治は

日本水泳連盟の理事長や、

日本体育協会の常任理事に就任。

 

田畑政治は水泳をはじめスポーツの復興に尽力します。

 

しかし、1948年(昭和23年)のロンドン五輪では、

敗戦国だった日本は参加が認められませんでした。

 

それにもめげず、田畑政治は

ロンドン五輪の競泳と同日程で日本選手権を開催。

 

古橋廣之進・橋爪四郎が、

ロンドン五輪の金メダリストの記録や世界記録を上回るなど、

日本選手の実力を世界に知らしめました。

 

田畑政治はその後も日本スポーツの国際復帰に向けて尽力し、

ロンドン五輪の翌年には国際水泳連盟に加盟します。

 

東京オリンピック招致に向けて

田畑政治は

1952年(昭和27年)のヘルシンキ五輪(フィンランド)

1956年(昭和31年)のメルボルン五輪(オーストラリア)

にて日本選手団の団長を務めます。

 

田畑政治は戦後より、

東京でのオリンピック開催に強い想いを持っていました。

 

田畑政治は1960年(昭和35年)の開催に立候補。

ここで東京を強くアピールし、

1964年(昭和39年)の開催につなげようとしました。

 

他にデトロイト、ウィーン、ブリュッセルが立候補していましたが、

田畑政治の奮闘もあり、

1964年の東京開催が決定。

 

日本中が歓喜にあふれます。

 

柔道・女子バレーを正式種目に

東京オリンピックの開催が決定し、

田畑政治はオリンピック組織委員会の事務総長に就任。

 

「日本スポーツの父」と呼ばれる柔道創始者・嘉納治五郎の意志をつぎ、

柔道をオリンピック正式種目とすることに成功。

 

また、田畑政治は

女子バレーボールも正式種目に

「東洋の魔女」と呼ばれる女子バレー日本代表の金メダル獲得につながります。

 

アジア競技大会(ジャカルタ)の問題に巻き込まれる

しかしそのころ、

1960年(昭和37年)のアジア競技大会(ジャカルタ)では、

開催国のインドネシアが、台湾やイスラエルの参加を拒否したことで

大きな問題が起こっていました。

 

インドネシア政府のスカルノ大統領

親中国・親イスラム諸国だったため、

台湾は中国の一部だと主張する中国、

パレスチナ問題でイスラエルと対立関係にあるイスラム諸国、

を配慮するという政治的な理由でした。

 

「スポーツと政治は分けるべきである」という考えに反しているため、

国際オリンピック委員会(IOC)は、

ジャカルタ大会を正規の競技大会とは認めないとしました。

 

田畑政治は選手をジャカルタ大会に送りますが、

このことが国内で大問題に発展。

 

この責任をとるかたちで

田畑政治は事務総長を辞任しました。

 

オリンピック組織委員会の委員としては残りましたが、

あまり積極的な行動はとらず、

選手たちを応援することに徹しました。

 

その後の田畑政治、晩年

東京オリンピックの後、田畑政治は

1973年(昭和48年)には日本オリンピック委員会(JOC)の会長に就任しています。

 

1980年(昭和55年)にはモスクワオリンピック(ソ連)が開催。

東西冷戦の東側諸国の盟主であるソ連で行われるこの大会では、

前年に起こったソ連によるアフガニスタン侵攻の影響を受けて、

日本を含む西側諸国がボイコットする結果に。

 

そのころより、

田畑政治はパーキンソン病で食べ物をのどに詰まらせ脳に障害を持ち、

車いすで生活するようになります。

 

1984年(昭和59年)のロサンゼルス五輪の直前には

危篤状態になっていましたが、

奇跡的に回復。

 

テレビにて観戦し、涙を浮かべました。

 

そして、ロサンゼルス五輪閉会から2週間後。

病院で亡くなりました。

享年87。

いだてん人物解説一覧

 

田畑政治に関する本

評伝 田畑政治 オリンピックに生涯をささげた男

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

 

東京オリンピックへの遥かな道

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

 

金栗四三と田畑政治 東京オリンピックを実現した男たち

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 , 2019 All Rights Reserved.