大河ドラマで学ぶ日本の歴史

大河ドラマに出てくる人物などを、むずかしい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説!

篠原国幹(しのはら くにもと)についてわかりやすく!西郷吉之助(隆盛)とともに西南戦争で戦う 大河ドラマ「西郷どん」キャストは榊英雄

更新日:

 

2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」に登場する

篠原国幹(しのはら くにもと)について、

むずかしい言葉をできるだけ使わずに、わかりやすく解説していきます!

キャストは榊英雄さん。

 

スポンサーリンク

 

篠原国幹(しのはら くにもと)の生い立ち

篠原国幹は、

1837年、薩摩の鹿児島城下加治屋町で生まれます。

 

西郷吉之助(隆盛)が1828年生まれですので、

篠原国幹が約9歳年下になります。

 

学問にも剣術にも長けている、文武両道の人物へと育っていきます。

 

寺田屋騒動

1862年、篠原国幹は

有馬新七などの過激な尊王攘夷派とともに、島津久光に倒幕を決心させるため、公家を襲撃する計画を立てます。

 

しかし、その計画は事前に島津久光にばれてしまい、寺田屋にて襲撃されます。(寺田屋騒動

有馬新七は亡くなり、篠原国幹は生きながらえましたが、鹿児島に送還され謹慎処分となります。

 

スポンサーリンク

 

薩英戦争や戊辰戦争

その後、篠原国幹は

薩英戦争では砲台守備として参戦。

 

戊辰戦争においては、

鳥羽伏見の戦いでは小隊長として、

上野戦争で彰義隊を攻めた際には、陣頭に立った勇猛果敢な指揮で、その名を世に知らしめました。

 

明治政府での篠原国幹

篠原国幹は明治2年、

鹿児島常備隊の隊長に任命されます。

 

のちに陸軍大佐や近衛長官となり、

明治天皇の前で軍事演習を行い、高く評価されました。

 

しかし、征韓論で敗れた西郷隆盛が鹿児島に戻ると、

篠原国幹は天皇の引き留めにも応じず、鹿児島に戻ってしまいます。

 

西南戦争での篠原国幹

鹿児島に戻った篠原国幹は、

桐野利秋(中村半次郎)村田新八らとともに、私学校を設立。

 

しかしこのころ、西郷隆盛の動きを警戒していた明治政府は、

中原尚雄ら薩摩出身者を鹿児島に送り、偵察を行わせていました。

 

このことがばれてしまい、

鹿児島の者たちは

「新政府が西郷隆盛を暗殺しようとしている」

と激怒。

 

このことが、西南戦争へとつがなっていきます。

 

篠原国幹は一番大隊指揮長となり、

熊本城田原坂など、各地で奮戦。

 

しかし、吉次峠にて銃弾を受け、亡くなります。

享年41。

 

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 , 2018 All Rights Reserved.