大河ドラマで学ぶ日本の歴史

大河ドラマに出てくる人物などを、むずかしい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説!

瀬名(築山殿)とは?徳川家康の妻、信康の母、井伊直虎との関係とその最期 大河「直虎」のキャストは菜々緒

更新日:

 

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で菜々緒がキャストを演じる瀬名(築山殿)という人物について、

難しい言葉などをできるだけ避けてわかりやすく解説していきます!

 

スポンサーリンク

 

瀬名(築山殿)の生い立ち

 

瀬名(築山殿)は、今川家の重臣である関口親永を父親として生まれます。

祖父は井伊直平だという説があり、それが正しければ井伊直虎とは親戚関係ということになります。

(大河ドラマでは、親戚関係という設定で描かれています)

また、瀬名の母は今川義元の伯母もしくは妹という説があります。

 

徳川家康との結婚と、家康の今川家への裏切りで危機に立たされる瀬名

徳川家康は子供のころより今川家の人質として駿河(静岡県静岡市)にいました。

そして、おなじく駿河にいた瀬名と結婚しています。

ふたりの間には、徳川信康と亀姫が生まれます。

 

しかし、桶狭間の戦いで今川家が織田信長に大敗すると、

今川家からの独立のチャンスとみた徳川家康は、

勝手に岡崎城(愛知県岡崎市)に入って今川家を裏切ってしまい、

瀬名や徳川信康たちは駿河の今川家のもとに取り残されてしまうことになります。

さらに、徳川家康は織田信長と同盟を結んでしまったため、

今川家は大激怒。

瀬名の父の関口親永は切腹することになり、

瀬名と徳川信康の身にも危険が及ぶことになります。

 

 

その後、徳川家康の家臣である石川数正のはたらきにより

瀬名と徳川信康は無事今川家より救出されます。

 

しかし、そのまま徳川家康がいる岡崎城に戻してもらえるかと思えばそうではなく、

岡崎城の外に住まわされたといいます。

その居住地が「築山」にゆかりがある地名だったため、瀬名は「築山殿」と呼ばれるようになりました。

 

 

スポンサーリンク

 

徳川信康の結婚と切腹

 

一時は岡崎城の外に住むことをしいられていた瀬名と徳川信康でしたが、

徳川家康が浜松城(静岡県浜松市)に移ると岡崎城の城主がいななりました。

その際に岡崎城の城主になったのが徳川信康です。

そのタイミングでやっと瀬名と徳川信康は岡崎城に入ることを許されました。

 

そして徳川信康は、織田信長の娘・徳姫と結婚します。

しかしながら、徳姫と徳川信康・瀬名との仲は非常に悪かったとされています。

そのせいか、徳姫は、徳川信康と瀬名について書いた12通もの手紙を織田信長に送ります。

そこには、当時織田家と敵対関係にあった「武田家と内通している」

などの内容が書かれていたため、織田信長は大激怒。

徳川信康は切腹させられ、瀬名は殺害されてしまいます。

※徳川信康の切腹の理由は諸説あります。
徳川信康(松平信康)とは? 母は瀬名(築山殿) 切腹の真相やその子孫について 大河「直虎」のキャストは平埜生成

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 人物解説一覧

スポンサーリンク

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 , 2018 All Rights Reserved.