大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

U-NEXTでは大河ドラマ最新回や過去の作品も配信中!お得に観る方法を伝授!

動画配信サービス「U-NEXT」では 現在放送中の大河ドラマ「西郷どん」の最新回や、 「真田丸」「龍馬伝」などの過去の大河ドラマが配信されていることをご存知ですか? そこで、今回は、 大河ドラマファン ...

続きを見る

西郷どん第4話「新しき藩主」感想・考察 島津斉彬と斉興のロシアンルーレット

投稿日:

 

2018年1月28日(日)放送のNHK大河ドラマ「西郷どん」

第四回「新しき藩主」の感想・考察を

歴史マニア・大河ファンの視点でまとめていきます!

 

※姉妹サイトより記事を移行

スポンサーリンク

 

島津久光「おいに何ができる?」

赤山靭負(沢村一樹さん)の切腹を止めるために、

島津久光(青木崇高さん)に懇願しに行く吉之助たち。

 

しかし、久光が放った言葉は

「おい(俺)に何ができる?」

 

のちに薩摩藩の実質トップとなる久光の言葉とは、信じられないですね。

しかも、その後のシーンでは、マザコン発揮でお由羅にベタベタ。

 

さて、この描写、「島津久光の非力さ」を伏線として表現するものだと考えられます。

島津斉彬が亡くなった後、久光が薩摩藩の実質トップとなりますが、

久光は斉彬がやろうとしていたことを引き継ごうとします。

しかし、西郷吉之助に「あなたのような田舎者には無理だ」という趣旨のことを言われたとされています。

 

現時点で、「島津久光の非力さ」を表現しておくことで、

今後、「偉大な島津斉彬」との対比を表していくのだと思います。

 

大久保次右衛門と西郷吉兵衛の相撲

お由羅騒動のとばっちりを食らい、大久保正助の父・大久保次右衛門(平田満さん)は島流しとなってしまいます。

それを見送る吉之助や西郷吉兵衛(風間杜夫さん)たち。

すると、吉兵衛が、大久保次右衛門と相撲を始めます。

 

第1話がスタートしてより、事あるごとにケンカしていた次右衛門と吉兵衛。

しかし、このシーンを観ると、お互い口が悪くても、心が通じ合っていた関係だったことが読み取れます。

このシーン、感動でした。

 

スポンサーリンク

 

島津斉彬と島津斉興のロシアンルーレット

そして、第四回の最大の見せ場は、

島津斉彬(渡辺謙さん)と島津斉興(鹿賀丈史さん)のロシアンルーレットですね。

 

いやぁ、手に汗握りました。

渡辺謙さん、撮影のときに本当に銃弾入れたんじゃないかと思えるくらいの迫真の演技でした。

 

ちなみにこのロシアンルーレット、完全なる創作です(笑)

これが史実だったら、すごすぎます。

 

島津斉彬が自分のこめかみに中を当てて引き金を引きましたが、弾は入っていませんでした。

その後、島津斉興もこめかみに銃を持っていこうとしますが、結局恐怖に負けて引き金は引けません。

その後、由羅が島津斉彬に発砲します。

間一髪、島津斉彬には当たらなかったものの、

このシーンは

「もし、島津斉興が引き金を引いていたら、斉興は死んでいた」

ということを表現していますね。

 

ロシアンルーレット系の話って、

「実は、弾は入っていませんでした!」的な展開が多いのですが、

島津斉彬は、本気で自分の命をかけて、斉興を説得しようとしたのだとわかります。

 

まとめ

さて、第4話は、最初の大きなヤマ場でした。

藩主が島津斉彬となり、薩摩藩に次の時代がやってきます。

予告編を観ると、次回は篤姫(北川景子さん)が登場するようですね。

次回も楽しみです!

スポンサーリンク

-大河ドラマ感想考察

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.