大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

西郷どん第2話「立派なお侍」感想と考察 郡方書役助(こおりかたかきやくたすけ)として奮闘する吉之助

投稿日:

 

2018年1月14日放送の

NHK大河ドラマ 西郷どん 第2話「立派なお侍」の感想・考察を

歴史マニア・大河ファンの視点でまとめます!

(多少ネタバレがあります)

※姉妹サイトより記事を移行

スポンサーリンク

 

郡方書役助(こおりかたかきやくたすけ)

第2話より、大人になった西郷吉之助が登場。

吉之助は、「郡方書役助(こおりかたかきやくたすけ)」という役職についています。

この役職は史実通りです。

仕事内容は、農業に関わり、年貢の徴収などを行っていました。

ちなみに「郡方書役助」の「助」は、今でいうなら「アシスタント」のような意味。

けっこう下っ端だったことがうかがえます。

ドラマでも描かれていますが、給料も少なく、西郷家は貧しかったようですね。

 

弱き者を助ける西郷吉之助

第2話は、

年貢の徴収に苦しんでいる農民を助けようと奮闘する吉之助が描かれました。

大人になってからの最初の回で弱い者を助けるというパターンは

大河ドラマではよくあり、

ストーリーとしては「ありきたり」だったかもしれません。

 

しかし、このように弱い者の立場で物事を考えられることは、

西郷隆盛を語る上で非常に重要になります。

西郷隆盛といえば「寛大」だというイメージがありますが、

弱い者の気持ちを理解できた人物だったからだと考えられます。

 

西郷隆盛は、10年もの長期間、郡方書役助として働いていたといわれます。

その10年間では、ドラマで描かれたような、農民の苦しみや役人の不正を数々目の当たりにしてきたことでしょう。

その中で、弱い者の気持ちを理解していったのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

島津斉彬と島津斉興の対立

島津斉彬(渡辺謙)と島津斉興(鹿賀丈史)の対立が、どんどん深まってまいりましたね。

渡辺謙さんと鹿賀丈史さんがにらみ合うシーン。最強でした。

さすがは大ベテランお二人。

第2話で一番お気に入りのシーンです。

由羅(小柳ルミ子)の、嫌なババア感も良かったです(笑)

 

それに対して、島津久光(青木崇高)の情けない感じ・・・(笑)

気性の荒いイメージの強い島津久光のオーラゼロですね。

青木崇高さんも、荒々しい演技が似合った役者さんですが、すっとぼけた感じの演技がギャップ萌えです。

 

岩山糸が、赤山靭負のもとで働いている!?

岩山糸(黒木華)が、赤山靭負(沢村一樹)のもとで働いているという設定ですね。

 

はい、これ、史実じゃありません(笑)

むしろ、西郷吉之助と岩山糸が子供のころに出会っていたこともあやしいです。

まぁ、大河ドラマって「史実をもとにしたフィクション」なので、

登場人物の設定を史実から変えたりするのはざらにあることです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

NHK大河ドラマ「西郷どん」第2話「立派なお侍」の

感想と考察をまとめていきました。

今回は、「弱い者を助けよう!」という内容で、ちとありきたりでしたが、

来週から薩摩藩でゴタゴタが起こって話が展開していくでしょう。

来週も楽しみにしています!

スポンサーリンク

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.