大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

西郷どん第23話「寺田屋騒動」感想考察 余計なことを言う海江田武次、島津久光のキセル噛み、有馬新七の壮絶な最期

投稿日:

 

2018年6月17日放送のNHK大河ドラマ西郷どん

第23回「寺田屋騒動」の感想・考察を、大河ファン・歴史マニアの視点で語っていきます!

スポンサーリンク

 

余計なことを言う海江田武次

島津久光の命令に背き、久光を激怒させた吉之助。

海江田武次が、自分のせいだと謝ります。

武次が久光に謁見する際に、余計なことを言ってしまったことが理由のようです。

 

これ、歴史上の出来事を元にしています。

武次(海江田信儀)が、下関から京都へ行った西郷吉之助の行動を久光に伝えてしまい、

激怒させてしまったというものです。

 

尚、武次(海江田信儀)は、この後、薩摩藩をゆるがす大事件のきっかけとなる行動を起こしてしまいます。

歴史的に、色々やらかすことが多かった人物のため、

大河ドラマでも「うっかり者」のような描かれ方をしているのでしょう。

スポンサーリンク

 

キセルを噛む島津久光

西郷吉之助の京都での話を聞いた久光は激怒します。

このとき、キセルをガリガリ噛むような表現をしていました。

実は、これも歴史上のエピソードとして有名です。

 

久光が西郷吉之助の話題となったときに、

キセルをガリガリ噛んで、歯型がついてしまったとか。

 

有馬新七が西郷吉之助に「死ぬな」

有馬新七が、久光を怒らせて薩摩に戻されるようになった吉之助に

「死ぬな」

と言葉をかけるシーンがあります。

 

この時点では新七は、その直後に自分が命を落とすなんてことは知りません。

 

「死ぬな」と言った新七自身が、その後死んでしまう。

 

非常に重みのあるシーンでした。

 

大山格之助たちが有馬新七を説得に

そして、寺田屋騒動が起こります。

このとき派遣されたのが、大山格之助。

 

大河ドラマ上では、あまりイメージないかもしれませんが、

めちゃくちゃ強い剣豪だった人物です。

 

有馬新七の闘死シーン

大量の血が噴き出すなど、

なかなか刺激の強い寺田屋騒動シーン。

 

実は、このシーン、けっこう史実に沿っています。

 

・「上意!」と叫んで、頭を切ることで斬り合いスタート。

・新七の刀が折れる

・相手を押さえつけて、新七が仲間に「おいごと突け!(俺ごと突け)」と叫び、壮絶な最期を迎える

 

などは歴史上有名なエピソードです。

 

最後に

西郷どん第二十三話「寺田屋騒動」について感想・考察をまとめました。

次回は、また島流しにあう吉之助。

次は、「罪人」として流されるため、厳しい待遇となります。

来週の放送も楽しみですね。

スポンサーリンク

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.