大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

西郷どん第20話「正助の黒い石」感想考察 冷酷にも見える正助の真意に感動

投稿日:

 

2018年5月27日(日)放送の大河ドラマ「西郷どん」

第20回「正助の黒い石」の感想・考察を

大河ファン・歴史マニアの視点でまとめていきます!

スポンサーリンク

 

幕末らしい荒々しい描写に

第18回、第19回と、吉之助がいる大島(奄美)でも物語でしたが、

今回の舞台は薩摩にもどります。

 

井伊直弼による安政の大獄のなか、

薩摩の若者たちも、

日本の未来について熱く荒々しく議論しぶつかり合い、

剣の稽古に明け暮れる。

 

「幕末」らしい描写でした。

 

「龍馬伝」でも、このような描写がありましたが、

やはり、迫力があっていいですね。

 

久光に取り入る正助

そうやって熱い若者たちをよそに、

正助は冷静です。

 

血気盛る仲間たちをよそに、

冷静に囲碁を打ち、たしなめる。

さらには、久光の囲碁の相手となります。

 

実は、この「囲碁」というのがキーになっており、

歴史の上では、

大久保正助(利通)は、囲碁相手を通して久光に仕えるようになったとされます。

(ドラマでは、以前よりかかわりがあるように描かれていますが、それはあくまでドラマの話です)

 

そのため、「正助の黒い石」という題名をつけたのだと思われます。

 

スポンサーリンク

 

「国父」となる久光

薩摩藩の実権を握っていた斉興が亡くなるシーン。

「古き良き薩摩を守れ」

という斉興の言葉に対し

「約束できもはん(約束できません)」

「そげんこつ、おいにはできもはん(そんなこと、私にはできません)」

と言う久光。

 

新しい時代を作ろうとした斉彬の意志を継ぎたいと考えている久光の「強い拒否」かと思えば、

その後、「もっと長生きしてくいやい(長生きしてください)、父上」と泣き崩れる久光。

 

島津久光の弱い一面を見せる、感動的なシーンでした。

 

しかし、次のシーンからは、藩主・島津茂久の父として、

薩摩藩の「国父」として堂々とした久光が現れます。

 

その後は、国父らしい力強い演技でした。

青木崇高さんの本領発揮という感じですね。

(龍馬伝の後藤象二郎っぽくなってきましたね)

 

今後、吉之助と喧嘩しまくることになるであろう久光。

どんなブチ切れ方をしてくれるか、楽しみです。

 

正助の真意

そうやって久光に気に入られようとする正助に対して、

仲間たちからは「出世したいやつ」「血が冷えている」などと罵られます。

 

しかし、決して正助は冷めているわけではなく、

自分は出世することで、日本を変える力を持とうと考えています。

 

そして、最後のシーン。

正助の行動は、吉之助を薩摩に呼び戻すためであったことがわかります。

 

しかし、その真意がわかっても、

正助のやり方を面白く思わない有馬新七は、その場を去ってしまいます。

 

この有馬新七、今後大変なことになります・・・。

 

スポンサーリンク

 

最後に

西郷どん 第20話「正助の黒い石」の感想・考察をまとめました。

 

ちなみに

大山格之助・有村俊斎・村田新八・有馬新七の4人。

これまで一人ひとりのエピソードはそこまでありませんでした。

なので、「仲間たち」的な感じで、顔と名前が一致していないかもしれません。

 

今後、この4人それぞれが激動の渦にのみ込まれていくことになります。

顔と名前を覚えておくようにしましょう。

 

スポンサーリンク

-大河ドラマ感想考察

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.