大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

U-NEXTでは大河ドラマ最新回や過去の作品も配信中!お得に観る方法を伝授!

動画配信サービス「U-NEXT」では 現在放送中の大河ドラマ「西郷どん」の最新回や、 「真田丸」「龍馬伝」などの過去の大河ドラマが配信されていることをご存知ですか? そこで、今回は、 大河ドラマファン ...

続きを見る

大河ドラマ 西郷どん第17話「西郷入水」感想考察 前半のクライマックスにふさわしい感動回

投稿日:

 

2018年5月6日放送のNHK大河ドラマ「西郷どん」

第17回「西郷入水」の感想と考察を

大河ファン・歴史マニアの視点で語っていきます!

スポンサーリンク

 

 遺言で久光の息子が藩主に

島津斉彬が無くなる前に、

最後の力を振り絞って、斉彬は次の藩主について語ります。

 

斉彬のことを尊敬し慕っている久光は、

斉彬の息子の哲丸を次の藩主とし、それを支えていく決意をしていたようですが、

その意に反して、斉彬は久光の息子・茂久を次の藩主に指名します。

 

自分の死後、薩摩藩内で争いが起こることを避けるためという、聡明な斉彬らしい考えでしたが、

史実上も、そういう意図があったといわれています。

 

しかし、尊敬する兄・斉彬の遺言のもと、茂久を全力で支えていき、

斉彬の意志を継いで、挙兵して京都に上る決意を久光はしますが、

それを覆したのが斉興。

 

斉彬が亡くなったのをいいことに、

自分が実権を取り戻してしまいます。

これも史実ですが、斉興の権力は長くは続かず、

この後は久光が薩摩藩を動かしていくこととなります。

 

スポンサーリンク

 

吉之助に嫉妬する久光

吉之助の命を守ろうと、久光に嘆願しようとする大久保正助。

しかし、斉興に権力を奪われて無気力となった久光は、

内容を聞く前に、自分には力がないと断ります。

 

さらには、西郷吉之助の名前を聞くと、

斉彬のそばにいたことに対して嫉妬するような表情を見せました。

 

心から尊敬する兄・斉彬が重用した吉之助。

久光にとっては、大きな嫉妬の対象だったのでしょう。

 

久光の

「自分に力がないことへの悲観」

「西郷への嫉妬」

が、今後の久光の描写に大きく関わっていくのだろうと思われます。

これから、力をつけていく久光の展開にも期待しましょう。

 

入水

そして、今回の一番の盛り上がりは、

吉之助と月照の入水。

 

あまりの高貴さに「人間らしさ」をあまり表に出さなかった月照が、

自分の死に対して恐れを抱くシーンが印象的でした。

 

吉之助は「月照を斬る」と言ったものの、

大久保正助に本心を隠して死ぬ決心をします。

吉之助が大切にしていた脇差が家に置いてあることを知った正助シーンも泣けました。

 

 

ちなみに、吉之助と月照が抱き合って入水していましたが、

これは史実でも資料が残っています。

 

このため、2人は男色(男同士の恋愛)だったのではという憶測があったり、

林真理子さんの原作でも男色として描かれていますが、

死の恐怖をやわらげるため、入水するときに二人が手を取り合い抱き合うことは、

決して不自然でないと思われます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

大河ドラマ西郷どん 第17話「西郷入水」の感想・考察をまとめました。

前半のクライマックスをかざるのにふさわしい素晴らしい回でした。

 

次回より、奄美大島編。

「菊池源吾」としての吉之助の物語に期待です。

今後の物語の特集番組がNHKで放送されていましたが、

めちゃくちゃおもしろくなりそうです。

来週が楽しみです。

スポンサーリンク

-大河ドラマ感想考察

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.