大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

坂本龍馬と西郷吉之助(隆盛)の関係をわかりやすく!勝海舟の紹介で出会い、薩長同盟へ 大河ドラマ「西郷どん」キャストは小栗旬

投稿日:

 

2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」に登場する坂本龍馬。

坂本龍馬と西郷吉之助(隆盛)の関係について、

むずかしい言葉をできるだけ使わずに、わかりやすく解説していきます!

大河ドラマのキャストは小栗旬さん。

スポンサーリンク

 

西郷吉之助(隆盛)と坂本龍馬の出会い

二人が出会ったのは1864年だとされます。

1964年といえば、西郷吉之助は禁門の変(蛤御門の変)で薩摩軍の司令官をつとめていたころです。

一方の坂本龍馬はこのころ、勝海舟が設立を提言した「神戸海軍操練所」で学んでいました。

 

二人の出会いは、勝海舟の紹介だったといわれます。

 

西郷吉之助に会った坂本龍馬は

「大きく叩けば大きく響き、小さく叩けば小さく響く」

と評していたとされます。

スポンサーリンク

 

薩摩藩の援助を受ける坂本龍馬

坂本龍馬と西郷吉之助が出会ってまもなく、

神戸海軍操練所は廃止となります。

 

勝海舟は、行き場を失った坂本龍馬たちを心配し、

薩摩藩に坂本龍馬たちを任せることにします。

 

薩摩藩にとっても、坂本龍馬たちが身につけた航海術を重宝し、手厚く扱います。

そして、薩摩藩より資金援助を受けた坂本龍馬たちは、

「亀山社中」という株式会社のようなものを設立。

貿易の仲介や物資の運搬などをおこないます。

 

スポンサーリンク

 

薩長同盟へ

薩摩藩はもともと幕府を支える側についており、

「八月十八日の政変」「禁門の変」など

幕府に反する長州藩を追い出すことに尽力していました。

 

このため、長州藩にとっても、薩摩藩は邪魔ばかりする憎むべき存在になっており、

薩摩藩と長州藩の関係は最悪でした。

 

しかしながら、薩摩藩が思うように幕府の政治改革が進まなくなっていたため、

西郷吉之助や大久保利通などは、反幕府側に考え方が変わっていきます。

 

そんな中、坂本龍馬は薩摩藩と長州藩が手を結ぶ必要性を説き、

薩摩藩の西郷吉之助と長州藩の桂小五郎を会わせようとします。

 

当初、下関で会談を行う予定でしたが、

西郷吉之助は下関を素通りし、京都に向かってしまいます。

 

これに桂小五郎は激怒。

会談実施が危ぶまれましたが、坂本龍馬たちの説得により、京都にて行うこととなります。

 

お互いが藩のメンツを気にして数日経っても同盟の話が出てこないなど、

会談はスムーズには進みませんでしたが、

薩摩藩の側が同盟を申し入れる形で、薩長同盟が締結されます。

 

傷を負った坂本龍馬を鹿児島でもてなす西郷吉之助

薩長同盟が締結されてまもなく、

坂本龍馬は伏見(京都)の寺田屋にて襲撃され、手を斬られるなど重傷を負います。

 

坂本龍馬は薩摩藩により助けられ、しばらく伏見の薩摩藩邸にてかくまわれます。

 

その後、西郷吉之助の勧めにより、薩摩の霧島温泉で療養することとなります。

このとき、坂本龍馬の妻であるお龍も同行したため、

これが日本初の新婚旅行ともいわれます。

 

また、坂本龍馬はこのとき、

西郷吉之助の家にも訪れており、西郷吉之助の妻・西郷糸(岩山糸)にも会ったとされています。

 

西郷どん 人物解説一覧

 

スポンサーリンク

-西郷どん

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.