大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

西郷吉二郎とは?(さいごうきちじろう)  西郷隆盛の弟の生涯 大河「西郷どん」キャストは渡部豪太(子役 荒井雄斗)

更新日:

 

西郷隆盛の弟・西郷吉二郎(さいごう きちじろう)について、

わかりやすくむずかしい言葉をできるだけ使わずに解説していきます!

2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」キャストは渡部豪太さん(子役 荒井雄斗くん)

 

スポンサーリンク

 

西郷隆盛の弟として生まれる西郷吉二郎

 

西郷吉二郎(さいごう きちじろう)は、

1833年に、父・西郷吉兵衛、母・西郷満佐子の次男として

薩摩藩鹿児島城下加治屋町にて生まれます。

 

西郷隆盛(吉之助)とは5歳ほどはなれています。

姉に西郷琴(市来琴)

弟には、のち海軍大将となる西郷従道(信吾)がいます。

 

兄の代わりに西郷家を守る西郷吉二郎

 

父・西郷吉兵衛が亡くなると、

兄の西郷隆盛が西郷家の家長を継ぎます。

しかし、西郷隆盛は江戸や京都などに行き、家を留守にすることが多かったため、

次男の西郷吉二郎が西郷家を守っていました。

薩摩藩の御勘定所書役という仕事を行っていましたが、そこまで給料は良くなかったようです。

 

有馬九之丞の娘・マスと結婚しますが、早くに亡くなってしまい、

仁礼平蔵の妹・を次の妻として迎えています。

 

余談ですが、

このころ、まだ子供だった東郷平八郎に習字を教えたというエピソードも残っています。

東郷平八郎は、のちに日露戦争で日本を勝利に導く人物です

スポンサーリンク

 

西郷隆盛の流罪により、職を失う西郷吉二郎

 

その後、西郷隆盛は島津久光の怒りを買い、

徳之島に流罪となり、さらにもっと厳しい沖永良部島に流されます。

その際に、弟であった西郷吉二郎や西郷従道も処分を受けることとなり、

職を失い給料を得られなくなるだけでなく、家財も没収されました。

そのため、西郷家は非常に貧しい生活をおくることとなったようです。

 

その後、西郷隆盛は許されて、薩摩藩の政治に戻り、明治維新に向けて尽力していきます。

そのころも西郷隆盛は鹿児島を留守にすることが多かったため、

西郷吉二郎が西郷家を取り仕切っていました。

西郷隆盛は、

「自分が国家のために働けるのは、吉二郎が自分に代わって兄としての責務を果たしてくれたおかげだ」

と語っていたとされます。

 

戊辰戦争で戦死

 

その後、西郷吉二郎は戊辰戦争に出兵。

長岡城の戦い(新潟県長岡市)に参加するも、

戦いで傷を負い、その傷がもとで亡くなっています。

享年36歳でした。

西郷どん 人物解説一覧

スポンサーリンク

-西郷どん

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.