大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

龍佐民(りゅうさみん)とは? 西郷吉之助(隆盛)の二人目の妻 愛加那の叔父 大河ドラマ「西郷どん」キャストは柄本明

更新日:

 

2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」に登場する龍佐民(りゅうさみん)という人物について、

むずかしい言葉をできるだけ使わずに、わかりやすく解説していきます!

キャストは柄本明さん

スポンサーリンク

 

西郷吉之助(隆盛)二人目の妻 愛加那の叔父

西郷吉之助は、生涯で三人を妻にしました。

1人目は、須賀。すぐに離婚してしまいます。

3人目は、岩山糸。西郷吉之助が亡くなるまで支えた人物です。

そして、2人目が、愛加那

西郷吉之助が、奄美大島に送られた際に結婚した女性です。

しかしながら、薩摩藩では、島で結婚した妻を本土に連れて帰ることができなかったため、

西郷吉之助が鹿児島に戻る際に離婚してしまいます。

愛加那の説明が長くなりましたが、

龍佐民はそんな愛加那の叔父です。

 

奄美大島の名家だった龍家

龍佐民や愛加那たちの一族「龍家」は、

奄美大島の名家です。

源為朝(源頼朝や義経のおじ)の子孫とも言われています。

 

薩摩藩ともつなりがあり、

奄美大島での砂糖の生産を管理する立場にありました。

スポンサーリンク

 

西郷吉之助(隆盛)と龍佐民の関係

西郷吉之助が奄美大島に送られたのは、

罰としての島流しではなく、

安政の大獄から逃れるためだといわれています。

そのため、奄美大島での生活は罪人としてではなく、

丁重に扱われていたとされます。

その際の対応にあたっていたのが龍家。

そのため、龍佐民は

奄美大島での西郷吉之助の生活に関わりがあったと考えられます。

西郷どん 人物解説一覧

スポンサーリンク

-西郷どん

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.