大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

お由羅の方とは?(おゆらのかた・御国御前) 島津斉興の側室で島津久光の母 大河「西郷どん」キャストは小柳ルミ子

更新日:

 

2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」に登場するお由羅の方(おゆらのかた・御国御前)

小柳ルミ子さんがキャストを演じるこの人物について、

難しい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説していきます!

 

スポンサーリンク

 

お由羅の方の生い立ち

 

お由羅の方(おゆらのかた・御国御前)は、

江戸の町人が出身だとされいます。

家は大工・八百屋・船宿など諸説あります。

 

お由羅は江戸にある薩摩藩邸で働いていました。

そのときに、薩摩藩主・島津斉興に気に入られ、側室となります。

 

島津斉興には正室の弥姫(周子)がおり、江戸に住んでいました。

そのため、側室であるお由羅の方は、

正室の近くで気まずい思いをしないよう、

薩摩に住むことになります。

 

しかし、島津斉興はお由羅の方のことをものすごく気に入っていたようで、

参勤交代で江戸に行く際には、結局、お由羅の方も連れていったようです。

 

そして、お由羅の方は、島津斉興との間に3人の子供を生みます。

その子供の中には、のちに薩摩藩や明治維新の重要人物となる島津久光もいました。

 

お由羅騒動(高崎崩れ)のきっかけとなる

 

島津斉興の次の藩主は、

順当にいけば正室・弥姫の長男である島津斉彬がなるはずです。

 

しかしながら、弥姫は早くに亡くなってしまい、

側室だったお由羅の方は、

島津斉興の子供を生んだ女性として、正室と同じような待遇を受けるようになります。

(このころより、お由羅の方は「御国御前」と呼ばれるようになります)

 

そして、お由羅の方は自分の息子である島津久光次の藩主にしたいと考えるようになります。

そのため、本来であれば次期藩主になるはずだった島津斉彬やその側近たちと対立。

薩摩藩内では、島津斉彬派と島津久光派に分かれて対立する「お由羅騒動」が起こります。

 

 

島津斉彬は子供が多かったものの、

ほどんどが早くに亡くなっており、後を継げない女子だけ残っていたため、

斉彬派の者達は「お由羅の方が呪いをかけた!」として

お由羅の方を追放しようとしました。

 

※お由羅騒動のもっと詳しい解説についてはコチラ

 

この騒動は、最終的には島津斉彬が次の藩主となるという形で落ち着きますが、

切腹や遠島(島流し)となった者は多く、

その中には西郷隆盛に関わりの深い人物もいました。

 

お由羅の方はこの騒動にて負けた側になるわけで

さらには、騒動のきっかけとなった人物でした。

しかしながら、お由羅の方は処罰されることがなかったため、

そのことに不満を持つ者も多かったとされます。

 

その後、明治維新の直前まで生き、1866年に亡くなりました。

 

最後に

 

お由羅の方について解説しました。

今回は、

「お由羅が自分の息子を藩主にしたいがために騒動が起こった」

という通説のもとで解説しました。

 

しかし、

「西洋文化が好きな島津斉彬が藩主になると、薩摩藩の財政がピンチになる」

と考えた島津斉興が、島津斉彬を藩主になることを阻止した、

という説もあります。

 

西郷隆盛は島津斉彬側の人物なので、

大河ドラマでは、お由羅の方は悪女として描かれる可能性が高いです。

西郷どん 人物解説一覧

スポンサーリンク

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.