大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

U-NEXTでは大河ドラマ最新回や過去の作品も配信中!お得に観る方法を伝授!

動画配信サービス「U-NEXT」では 現在放送中の大河ドラマ「西郷どん」の最新回や、 「真田丸」「龍馬伝」などの過去の大河ドラマが配信されていることをご存知ですか? そこで、今回は、 大河ドラマファン ...

続きを見る

大山格之助(大山綱良)とは?西郷隆盛・大久保利通とともに精忠組に 大河ドラマ「西郷どんのキャスト」は北村有起哉(子役 犬飼直紀)

更新日:

NHK大河ドラマ「西郷どん」に登場する大山格之助(おおやまかくのすけ・大山綱良)という人物。

今回は、ドラマでは北村有起哉(子役 犬飼直紀)が演じる大山格之助について、むずかしい言葉などをできるだけ避けてわかりやすく解説していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

西郷隆盛・大久保利通とともに「精忠組」に所属する大山格之助

大山格之助は、1825年に薩摩藩士である父・樺山善助の次男として鹿児島で生まれます。

1849年、25歳のころに、大山四郎助の娘・と結婚して婿養子となります。

婿養子に入った先の大山家は、西郷家と親戚どうしのため、西郷吉之助(隆盛)とも交流がありました。

そして、薩摩藩の藩内組織である「精忠組」に、西郷隆盛大久保正助(利通)とともに所属することになります。

 

寺田屋事件で活躍する大山格之助

島津久光が千人もの兵を連れて上洛(京都に行くこと)した際に、大山格之助もついてきます。

そして、京都で「寺田屋事件」が起こります。

ここで気を付けてほしいのが、寺田屋事件は2種類あるということ。

 

1.島津久光らと有村新七ら薩摩藩過激派との抗争事件

2.坂本龍馬の襲撃事件

 

坂本龍馬の方が有名ですが、今お話しているのは薩摩藩の方です。

ざっくりした事件のあらましは、有村新七ら過激派が、自分たちの考え通りに島津久光を動かすために公家や幕府役人を襲撃する計画を立てるも、島津久光に食い止められた、というもの。

 

 

寺田屋事件では、大山格之助は島津久光側につき、過激派の大山巌・西郷従道・三島通庸らの説得に成功し、投降させています。

 

 

薩英戦争や薩長同盟・戊辰戦争にもかかわる大山格之助

その後、大山格之助は、

薩英戦争(薩摩藩とイギリスとの戦争)では斬り込み隊長として桜島湾岸を死守します。

薩長同盟(薩摩藩と長州藩の同盟)が結ばれる際には、大久保利通らとともに長州の桂小五郎らとの盟約の調印します。

鳥羽伏見の戦いでは抜刀隊を率いて活躍します。

戊辰戦争では新政府軍を率いて庄内藩と戦うものの負けづづけてしまいます。しかし、その後新政府より賞典禄(明治維新に功労のあるものに与えられるほうび)を与えられています。

 

スポンサーリンク

 

鹿児島県の県令(知事)となり、西南戦争で西郷隆盛の味方となる大山格之助

大山綱良(大山格之助)は廃藩置県後に鹿児島県の県令(知事のようなもの)となります。

しかしそれは、廃藩置県の「新しい府県の幹部には、他の府県の出身者をあてる」という原則に反するものでした。

さらに、大山綱良は鹿児島県から新政府に税金を納めず近い者を県役人にとりたてるなどします。

それゆえ、鹿児島はあたかも独立国家のようだと言われていました。

その後、西南戦争西郷隆盛新政府に反乱を起こすと、大山綱良県のお金を使って西郷隆盛に援助します

そして西郷隆盛らが敗北すると、その罪を問われて斬首となってしまいます。

 

大山格之助(大山綱良)の過去の大河ドラマでの登場

「翔ぶが如く」 蟹江敬三 演

「篤姫」 俊藤光利 演

「八重の桜」 村上新悟 演

過去の大河ドラマはU-NEXTで配信されています。
U-NEXTでは大河ドラマ最新回や過去の作品も配信中!お得に観る方法を伝授!

西郷どん 人物解説一覧

スポンサーリンク

-西郷どん

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.