大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

U-NEXTでは大河ドラマ最新回や過去の作品も配信中!お得に観る方法を伝授!

動画配信サービス「U-NEXT」では 現在放送中の大河ドラマ「西郷どん」の最新回や、 「真田丸」「龍馬伝」などの過去の大河ドラマが配信されていることをご存知ですか? そこで、今回は、 大河ドラマファン ...

続きを見る

大久保正助(利通)とは?その生涯と西郷吉之助(隆盛)との関係 大河「西郷どん」キャストは瑛太(子役 石川樹)

更新日:

 

大久保正助(利通)の生涯について、

むずかしい言葉をできるだけ使わずに、わかりやすく解説していきます!

2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」のキャストは瑛太さん(子役 石川樹くん)

 

スポンサーリンク

 

大久保正助の生い立ち

 

大久保正助は、

1830年、薩摩藩鹿児島城下高麗町にて長男として生まれます。

父は薩摩藩士の大久保次右衛門(利世)です。

 

幼いころは正袈裟(しょうけさ)

元服後は正助と名乗り、

のちに島津久光より一蔵の名前をもらいます。

(ややこしいので、この記事では「正助」で統一します)

 

父の仕事の関係で、

幼いころに加治屋町に預けられます。

加治屋町は西郷吉之助(隆盛)が生まれ育った町ですので、

のちに明治維新の立役者となる2人の人物が、

このころに出会っています。

大久保正助は、西郷吉之助や有村俊斎(海江田信義)などと共に学んでいましたが、

体があまり強くなかったため武術は苦手で、

その分、学問はずば抜けていたようです。

 

お由羅騒動と精忠組

 

大久保正助は、記録所書役助という薩摩藩の仕事に就きます。

しかし、お由羅騒動にて父の大久保次右衛門が流罪になると、

大久保一蔵も謹慎となり、職を失ってしまいます。

 

そこのころ、西郷吉之助とともに精忠組を結成し、

その中心人物となります。

 

そして、島津斉彬が藩主になりお由羅騒動が落ち着くと、

父の大久保次右衛門は許され鹿児島に戻り、

大久保正助も仕事に復帰します。

 

島津久光から信頼される大久保正助

 

藩主・島津斉彬が急死。

次の藩主に島津茂久がなりますが、

まだ若かったため、島津久光が後見人として実権を握ります。

 

そして、大久保正助は、島津久光に近づくことに成功します。

税所篤の兄を通じて手紙を渡していたことがきかっけだといわれています。

島津久光の信頼を得られるようになり、

薩摩藩の重要や役職に就いていくこととなります。

 

島津久光の挙兵と寺田屋騒動

 

島津久光は、幕政改革を進めるため、挙兵して京都に入ろうとします。

挙兵とはいっても武力を行使するつもりはありませんでした。

しかし、有馬新七など精忠組の過激派たちは、

関白や京都所司代を暗殺して、島津久光に倒幕を決意させる計画を立て、大阪や京都に集まっていました。

 

それを知った島津久光は、精忠組のメンバーである大久保正助らを派遣して説得するも、失敗します。

そのため、同じく精忠組のメンバーで剣術の腕のたつ大山格之助らを派遣。

再度説得を試みるも応じなかったため、過激派たちを斬ってしまいます。

寺田屋騒動は精忠組のメンバー同士が斬り合うという悲惨な結果に終わりました。

 

その後、大久保正助は岩倉具視と面会、

朝廷より勅命を出してもらうことに成功し、

幕政改革という目的を達成することができました。

 

 

大久保正助と幕末の薩摩藩

 

ここからの大久保正助の活躍は多すぎるため、箇条書きでお伝えします。

 

・薩英戦争では、作戦指揮を担当。

・八月十八日の政変で、島津久光とともに1万5000の兵を率いて京都に入る。

・寺田屋騒動後、流罪となっていた西郷吉之助が復帰。

・幕府の力が弱まる中、大久保正助は朝廷での発言力を増していく。

・幕府が第二次長州征伐を行おうとした際に、長州の問題は話し合いで解決すべきだと主張するも、将軍・徳川慶喜の反対を受ける。

・薩摩藩と長州藩が同盟を結ぶ(薩長同盟)

・西郷吉之助・小松帯刀とともに四侯会議の開催させる。しかし、徳川慶喜が主導権を握る結果となったため、短期間で終わってしまう。

・徳川慶喜が大政奉還を行ったため、徳川慶喜を完全に排除するために王政復古のクーデターを岩倉具視らと起こす。

 

新政府での大久保正助

 

明治維新後、大久保正助は参議に就任します。

そして、「版籍奉還」「廃藩置県」など、教科書に載っているような政策を実行し、

江戸時代では地方にばらけていた権力を中心に集め、「中央集権」を強めます。

 

その後、大蔵卿(財務大臣のようなもの)に就任。

岩倉使節団のメンバーとして、欧米視察に出かけています。

 

欧米からもどると、征韓論にて西郷吉之助と対立するようになり、

西郷吉之助を失脚させることとなります。

 

その後、内務卿(内閣総理大臣のようなもの)に就任。

学制地租改正徴兵令を実施し、「富国強兵」のスローガンのもと、殖産興業を進めました。

 

佐賀の乱では自ら兵を率いて鎮圧しており、

台湾出兵では、戦後処理のため、清国に赴いています。

 

西南戦争で西郷吉之助と対立

 

そして、西郷吉之助を中心とした西南戦争が起こります。

大久保正助は、新政府軍を指揮し、西郷吉之助と対立します。

西南戦争の結果、西郷吉之助は亡くなります。

 

明治11年に、士族たちにより暗殺されます。

享年49歳でした。

 

西郷どん 人物解説一覧

スポンサーリンク

-西郷どん

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.