大河ドラマで学ぶ日本の歴史

大河ドラマに出てくる人物などを、むずかしい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説!

小野亥之助(小野朝之・万福)とは?(大河ドラマ直虎でのキャストは荒井雄斗・井上脇海)小野政次との関係やその子孫について

更新日:

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で

子役時代は荒井雄斗、大人になってからは井上脇海が演じる

小野亥之助(小野朝之・万福)という人物について

難しい用語などをできるだけはぶいて

わかりやすく解説していきます!

 

スポンサーリンク

 

小野亥之助(小野朝之)と井伊家や小野政次との関係

小野亥之助(小野朝之)の父親は、

小野政次の弟である

小野玄蕃です。

 

母親は、

なつという人物。

なつは、しの(奥山ひよ)の妹です。

しのは、虎松(井伊直政)の母親にあたりますから、

つまりは、小野亥之助虎松は、いとこ関係にあるわけですね。

大河ドラマでも、亥之助虎松

一緒に寺で学んだり碁の打ったりするなど

幼いころから親しい関係として描かれています。

実際も、非常に近い関係だったのでしょう。

 

虎松とともに家康の家臣になる小野亥之助

亥之助のおじである小野政次が、

井伊家への裏切りをたくらんでいた末に、

徳川家康によって処刑されてしまいます。

それと同じころ、

井伊家も一度滅んでしまい、

井伊家を継ぐはずであった虎松

寺に預けられてしまいます。

 

しかし、その後、

成長した亥之助直虎とともに

徳川家康の家臣となります。

 

そして、

虎松(井伊直政)は、

「徳川四天王」と呼ばれるまで大出世し、

亥之助もそれに従い、

多くの合戦で活躍することとなります。

 

そして、虎松(井伊直政)

彦根藩(滋賀県彦根市)の藩主になった際も、

家臣として彦根藩に出仕することとなります。

 

小野亥之助(小野朝之)の子孫

井伊直政の長男である井伊直勝は、

直政を継いで彦根藩主になりますが、

病弱で藩主としての器量に欠けていたため、

彦根藩主を解任され弟に藩主の座を譲ります。

 

かわりに安中藩(群馬県安中市)の藩主となります。

その際に、亥之助の孫である小野古豊は、

安中藩の家老となります。

その後、直勝系の井伊家は

安中藩から与板藩(新潟県長岡市)へと移りますが、

その際にも、亥之助の子孫はついていきます。

そして、子孫のひとりである小野七郎左衛門

与板藩の家老をつとめている際に、

「井伊家伝記」という井伊家の歴史をまとめた

非常に貴重な資料をまとめることとなります。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 人物解説一覧

スポンサーリンク

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 , 2018 All Rights Reserved.