大河ドラマで学ぶ日本の歴史

大河ドラマに出てくる人物などを、むずかしい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説!

野口源三郎(のぐちげんざぶろう)についてわかりやすく!金栗四三や橋本三郎・嘉納治五郎との関係 大河ドラマ『いだてん』キャストは永山絢斗

更新日:

 

2019年NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』に登場する

野口源三郎(のぐちげんざぶろう)について

むずかしい言葉をできるだけ使わずに、わかりやすく解説していきます!

ドラマのキャストは永山絢斗さん。

 

スポンサーリンク

野口源三郎(のぐちげんざぶろう)の生い立ち

野口源三郎(のぐちげんざぶろう)は、

1888年(明治21年)8月24日に現在の埼玉県深谷市にて生まれます。

生まれた翌年に母親を亡くし、親戚の養子となります。

 

埼玉師範学校(現在の埼玉大学教育学部)に入学します。 ※師範学校は、教師を養成する学校のことです。

 

埼玉師範学校を卒業後、小学校の教師となりしばらく勤務したのち、

東京高等師範学校(現在の筑波大学)の体操専修科に入学します。

 

そのころの東京高等師範学校は嘉納治五郎が校長を務めており、

体育やスポーツに力を入れていました。

野口源三郎は運動神経が非常に良かったため、

勤めていた小学校の校長からの勧めもあったようです。

 

金栗四三・橋本三郎とともにストックホルム五輪のマラソン選考会に

東京高等師範学校に入学後、

嘉納治五郎が開催した校内マラソン大会に出場し、

そのとき3位だった金栗四三とともに、嘉納治五郎の目に留まります。

 

野口源三郎と金栗四三が出会ったのはこのころだと考えられます。

1891年生まれの金栗四三より野口源三郎の方が3歳ほど年上ですが、

学年的には金栗四三のひとつ下の後輩にあたりました。

 

そして、ストックホルム五輪のマラソン選考会に出場。

東京高等師範学校からは、野口源三郎・金栗四三と、橋本三郎が出場しました。

 

金栗四三が当時の世界記録を大幅に上回る記録で優勝し、

ストックホルム五輪の日本代表に選ばれる一方、

野口源三郎は4位という結果でした。

 

このマラソン中、腹が減ってしまい、

パンを盗み食いしてしまったという逸話もあります。

 

スポンサーリンク

陸上フィールド競技へ

野口源三郎は、東京高等師範学校を卒業後、

嘉納治五郎の勧めもあり、東京高等師範学校の嘱託として働きます。

 

ストックホルム五輪(1912年)のマラソン代表を逃した野口源三郎でしたが、

その後は陸上のフィールド競技に転向します。

 

棒高跳びで日本記録を樹立するなど活躍し、

ストックホルム五輪から8年後のアントワープ五輪では十種競技の選手として出場。

選手団の主将として、入場式では旗手をつとめました。

 

競技の結果は12位と残念でしたが、

世界の陸上競技を視察して回り、

最新の陸上技能を学んで帰国しました。

 

その後の野口源三郎

1924年のパリ五輪では監督として選手を指導。

 

体育に関する研究なども熱心に行い、

その後も嘉納治五郎らとともにスポーツや体育の発展に貢献していきます。

 

第二次世界大戦後は、

東京教育大学(東京高等師範学校)に日本で初めて体育学部が設立され、学部長に就任しています。

 

1960年(昭和35年)には、日本の体育振興への貢献を認められ紫綬褒章を授与されます。

そして、1967年(昭和42)3月16日に亡くなります。

享年80。

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』人物解説・キャスト一覧

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 , 2019 All Rights Reserved.