大河ドラマで学ぶ日本の歴史

大河ドラマに出てくる人物などを、むずかしい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説!

之の字(ゆきのじ)こと中野直之(なかのなおゆき)とは? 井伊直政の家老となる 大河「直虎」のキャストは矢本悠馬

更新日:

 

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」に登場する

之の字(ゆきのじ)こと中野直之(なかのなおゆき)。

矢本悠馬がキャストを演じるこの人物について、

難しい言葉を出来るだけ使わずにわかりやすく解説していきます!

 

スポンサーリンク

 

井伊家の分家として、井伊家に仕える中野家

 

中野直之が生まれる中野家は、

井伊谷を治める井伊家の分家であり、

重臣として使える一族でした。

 

中野直之の父・中野直由

当時の領主・井伊直盛井伊直虎の父)の信頼も厚かったとされます。

 

父・中野直由の死

 

桶狭間の戦いで、領主の井伊直盛が戦死します。

跡を継ぐはずの井伊直親がまだ若かったため、

その後見役に中野直由が就くことになります。

これには、井伊家を乗っ取ろうと企んでいた小野政次

力を持たないようにとする意図があったともいわれています。

 

しかしながら、井伊直親は今川家によって殺され、

中野直由も戦死してしまいます。

 

そうして中野家を継ぐことになった中野直之は、

その後、井伊家の重臣として活躍することになります。

 

 

徳川家康のもとで井伊直政に仕える中野直之

 

井伊直親の息子である井伊直政(虎松)が徳川家康に謁見する際に、

中野直之も同行して浜松城に入っています。

 

そのそれから、井伊直政は徳川家康のもとで大出世。

関ヶ原の戦いの後には佐和山城に入り18万石を与えられてます。

しかし、しばらくのちに彦根城を築城するも、井伊直政は早くに亡くなってしまいます。

 

それから直政の次男・井伊直孝が彦根藩主を継ぎ、

中野直之は家老として活躍します。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 人物解説一覧

スポンサーリンク

 

 

 

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 , 2018 All Rights Reserved.