大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

U-NEXTでは大河ドラマ最新回や過去の作品も配信中!お得に観る方法を伝授!

動画配信サービス「U-NEXT」では 現在放送中の大河ドラマ「西郷どん」の最新回や、 「真田丸」「龍馬伝」などの過去の大河ドラマが配信されていることをご存知ですか? そこで、今回は、 大河ドラマファン ...

続きを見る

永田熊吉(ながたくまきち)は実在の人物! 西郷隆盛に仕え、息子の菊次郎を西南戦争で救った 大河「西郷どん」キャストは塚地武雅

更新日:

 

2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」に登場する永田熊吉(ながたくまきち)

ドランクドラゴンの塚地武雅さんがキャストを演じるこの人物について、

難しい言葉を使用せずにわかりやすく解説していきます!

 

スポンサーリンク

 

永田熊吉は実在の人物!

 

大河ドラマ「西郷どん」にて、

永田熊吉は、西郷吉之助(隆盛)に仕える人物として登場します。

大河ドラマに登場する召使いの中には、

実在しない創作の人物も登場しますが、

この「永田熊吉」は確かに実在した人物です

 

演じる塚地武雅さんは、

お笑い芸人として活躍するだけでなく、

「裸の大将」で2代目山下清を演じたり、

過去にも大河ドラマに出演した経験があったりと、

その演技力は高く評価されています。

 

おそらくは物語序盤から登場し、

西南戦争での活躍もありますので終盤での登場も予想されるため、

一年通して大河ドラマに登場する重要な役となる可能性が高いです。

 

 

永田熊吉はどんな人物だった?

 

永田熊吉の生まれははっきりしませんが1835年ごろだとされ、

それが正しければ西郷吉之助(隆盛)の7歳年下です。

西郷吉之助と同じく鹿児島加治屋町にて生まれました。

 

父親の永田熊次郎が西郷吉之助に仕えていたため、

永田熊吉も西郷吉之助に仕えることになり、

京都・江戸・鹿児島を行き来する西郷吉之助に同行したとされます。

 

明治維新後、西郷隆盛が東京に移ると、

東京・日本橋にある西郷邸にて身の回りの世話や金銭管理などを

行っていました。

 

そして、西郷隆盛が征韓論で敗れて鹿児島に戻る際には、

日本橋の西郷邸の売却に尽力したとされます。

 

スポンサーリンク

 

西南戦争で西郷隆盛の息子・西郷菊次郎を助ける

 

その後、南九州で、西郷隆盛を中心とした西南戦争が起こります。

そのときに、西郷隆盛と2人目の妻・愛加那の息子である西郷菊次郎

延岡・和田越えでの戦いで、銃弾を右足に受け、切断せざるを得なくなりました。

 

そのときに、永田熊吉は西郷菊次郎を背負って戦線から離れ、

明治政府軍の西郷従道(西郷隆盛の弟)に投降しました。

西郷菊次郎の投降に西郷従道は喜び、

永田熊吉に感謝したとされます。

 

西南戦争後の永田熊吉

 

西郷隆盛は西南戦争で亡くなってしまいますが、

永田熊吉はその後も鹿児島の西郷家にて働きます。

しばらく後に、東京の西郷従道に仕えるようになり、

庭師などとして働いていたとされます。

現在も東京目黒区にある「西郷山公園」は、

永田熊吉によって原型がつくられてとも言われています。

西郷どん 人物解説一覧

スポンサーリンク

-西郷どん

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.