大河ドラマで学ぶ日本の歴史

大河ドラマに出てくる人物などを、むずかしい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説!

三島弥彦(みしま やひこ)についてわかりやすく!金栗四三との関係 大河ドラマ「いだてん」キャストは生田斗真

更新日:

 

2019年大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』に登場する

三島弥彦(みしま やひこ)という人物について、

むずかしい言葉をできるだけ使わずに、わかりやすく解説していきます!

三島弥彦役キャストは生田斗真さん。

 

スポンサーリンク

三島弥彦(みしま やひこ)の生い立ちと三島家

三島弥彦(みしま やひこ)は、

1886年2月23日に東京にて生まれます。

 

父の三島通庸は元薩摩藩士で、

西郷隆盛大久保利通のもとで戊辰戦争で活躍し、

のちに警視総監になった人物です。

 

兄の三島弥太郎は、

横浜正金銀行の頭取を経て、

第8代日本銀行総裁となった人物です。

 

また、母の三島和歌子は、

三島弥太郎とともに徳富蘆花の小説『不如帰』の登場人物のモデルとなっています。

 

三島弥彦はこのような名門の家の出であり、

学習院を経て東京帝国大学に入っています。

 

スポーツに打ち込み、「天狗倶楽部」に

三島弥彦は学生時代にスポーツに打ち込み、

野球部ではエース兼主将、

他にもボート、スキー、柔道、乗馬、相撲、スケートなど幅広く行っていました。

 

そのころ、人気SF作家・押川春浪らにより

「天狗倶楽部」というスポーツを楽しむ団体が結成されており、

三島弥彦も参加します。

 

スポンサーリンク

ストックホルム五輪代表選手に

三島弥彦は、

1912年ストックホルムオリンピックの代表選考会に、

審判として呼ばれました。

 

結局、審判は引き受けなかったものの、

スポーツ好きの三島弥彦は観戦しにいきました。

 

しかし、観戦だけでは満足できず、

飛び入りで出場することに。

 

結果、

100m、400m、800mで1位を獲得。

 

見事、ストックホルム五輪の日本代表選手に選ばれます。

 

オリンピック出場を悩む三島弥彦

三島弥彦は日本初のオリンピック代表選手に選ばれたものの、

ストックホルム五輪に出場するべきかを悩みます。

 

当時の日本ではスポーツに対する評価は低く、

さらに三島弥彦は東京帝国大学の学生であったため、

文部省などの理解が得られませんでした。

 

三島弥彦本人も

「かけっこごときでヨーロッパに行くべきか」

と悩みます。

 

しかしながら、

天狗倶楽部のメンバーや東京帝国大学の総長などに激励され、

オリンピック出場を決意します。

 

スポンサーリンク

ストックホルムで意気消沈

三島弥彦は、

長距離の金栗四三や、監督の大森兵蔵らとともに

ストックホルム(スウェーデン)へ向かいます。

 

最初に出場した100m予選では、

トップに1秒以上も差をつけられて敗退。

 

このときすっかり意気消沈してしまい、

金栗四三に「日本人にはやはり短距離は無理なようだ」

と語ったとされます。

 

その後の200m予選でも敗退。

400m予選では他選手の棄権などにより準決勝に進出するものの、

棄権を申し出てしまいます。

 

一方、長距離の金栗四三も途中で倒れてしまい、

完走できませんでした。

 

スポンサーリンク

ストックホルム五輪後の三島弥彦

結果を残せなかった三島弥彦は、

金栗四三らとともに4年後のベルリン五輪でのリベンジを誓い合います。

 

ストックホルム五輪の翌年に、

兄・三島弥太郎がいる横浜正金銀行に入り、

銀行員として働きます。

 

しかし、ベルリン五輪は、

第一次世界大戦真っただ中だったため中止に。

 

その4年後にはアントワープ五輪が開催されましたが、

三島弥彦は予選にも姿を見せませんでした。

 

結局、三島弥彦は銀行に入って以降、スポーツの表舞台に出ることはなく、

1954年2月1日に亡くなります。

享年67。

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』人物解説・キャスト一覧

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 , 2019 All Rights Reserved.