大河ドラマで学ぶ日本の歴史

大河ドラマに出てくる人物などを、むずかしい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説!

松下源太郎(清景きよかげ)とは?大河ドラマ直虎でキャストは古舘寛治 松下常慶の弟でしのと再婚し虎松(井伊直政)の継父

更新日:

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で

古舘寛治が演じる松下源太郎(清景)という人物が

登場してきました。

そこで今回は、

大河ドラマ終盤で非常に重要な役柄となりそうな

松下源太郎について、

解説していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

松下氏は秀吉が最初に仕えた一族

松下源太郎について語る前に、

まずは松下源太郎の一族である松下氏について解説しておきます。

 

松下氏

三河国碧海郡(現在の愛知県豊田市あたり)に

勢力を持っていた一族です。

この松下氏で一番有名なのが、

松下之綱(ゆきつな)という人物。

あの秀吉が、

最初に仕えた人物です。

いわば、最初の上司だったわけで、

武芸・学問・兵法などを教わった

秀吉にとって大恩人ともいえる人物です。

 

尚、松下源太郎の妹が

同じ一族である松下之綱に嫁いでいます。

 

松下常慶の兄であり、徳川家に仕える

松下源太郎松下常慶の兄とされています。

松下常慶の解説はコチラ

どちらかと言えば弟の松下常慶の方が有名であり、

大河ドラマでも、物語の前半から出演しています。

 

弟の松下常慶のおかげかどうかは定かではありませんが、

松下源太郎は、

当時力をつけつつあった徳川家に仕えることになります。

 

しのの再婚相手、虎松(井伊直政)の継父となる

松下源太郎は、

しの(奥山ひよ)の再婚相手となります。

しのは、井伊直親と結婚し、

虎松(井伊直政)を産んだものの、

井伊直親が早くに亡くなってしまいます。

その後、井伊直虎の母である祐椿尼のはからいで

しの松下源太郎と再婚することになり、

虎松もそれについていきます。

 

徳川家に仕える松下源太郎のもとに行くことにより、

虎松は徳川家に仕官することができ、

その後、「徳川四天王」と呼ばれるまでに

大出世することになります。

 

井伊家は、直虎が領主であった時代に

一度滅びてしまいますが、

その後、虎松(井伊直政)が大出世して

井伊家を再興させることができたのも、

松下源太郎のおかげだったのでしょう。

 

松下源太郎の最期とその後

虎松(井伊直政)が徳川家家臣として出世し、

箕輪城(群馬県高崎市)の城主となった際に、

松下源太郎もついていっています。

そして、1597年に、

城下の屋敷で病死したといわれています。

 

松下源太郎は、

矢本悠馬演じる中野直之の息子(弟という説もあります)を養子として迎えており、

松下一定という名前を与えています。

松下一定は与板藩(新潟県長岡市)の家臣となり、

その後も与板藩の重臣として活躍していたようです。

 

まとめ

今回は、大河ドラマ「おんな城主 直虎」で

古舘寛治が演じる松下源太郎(清景)についてまとめました。

虎松が大出世をするきっかけとなった人物なので、

今後、大河ドラマの中でも重要な役割となってくるでしょう

今後の展開が楽しみです。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 人物解説一覧

スポンサーリンク

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 , 2018 All Rights Reserved.