大河ドラマで学ぶ日本の歴史

大河ドラマに出てくる人物などを、むずかしい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説!

黒坂辛作(くろさかしんさく)についてわかりやすく!金栗足袋・カナグリシューズを開発した播磨屋足袋店(ハリマヤ)の店主 大河ドラマ『いだてん』キャストはピエール瀧

投稿日:

 

2019年NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』に登場する

黒坂辛作(くろさかしんさく)という人物について、

むずかしい言葉をできるだけ使わずに、わかりやすく解説していきます!

(ドラマのキャストはピエール瀧さん)

 

スポンサーリンク

黒坂辛作(くろさかしんさく)の生い立ち

黒坂辛作(くろさかしんさく)は、

1880年(明治13年)ごろ、現在の兵庫県姫路市にて生まれます。

 

大人になってから東京に移り、

1902年(明治35年)に「播磨屋足袋店(のちのハリマヤ)」を創業します。

(「播磨」の由来は、出身地とされています)

 

播磨屋の場所は、現在の東京都文京区大塚。

のちに金栗四三らが通う東京高等師範学校の近くでした。

 

金栗四三より、マラソン足袋の開発を頼まれる

1910年(明治43年)に金栗四三が東京高等師範学校に入学。

 

そのころ、校長の嘉納治五郎によってスポーツが推進されていました。

そのため、マラソンを行う選手も多く、

東京高等師範学校の近くにある黒坂辛作の播磨屋足袋店にて足袋を買う学生が多かったようです。

 

金栗四三も、播磨屋足袋店にて足袋を購入。

その足袋をはいて

1912年ストックホルム五輪のマラソン予選会に出場し、見事優勝。

日本人初のオリンピック選手に選ばれます。

 

しかしながら、

播磨屋の足袋は途中で底がボロボロにはがれてしまい、

残りは裸足で走ったとされます。

 

そのため金栗四三は、ストックホルム五輪に向けて、

マラソン用の強い足袋を作ってほしいと黒坂辛作に頼みます。

 

スポンサーリンク

マラソン足袋でストックホルムへ

金栗四三からの依頼を引き受けた黒坂辛作は、

長距離に耐えられる足袋の開発にとりかかります。

 

そして出来上がったのが、

底を三重にして強化した「マラソン足袋」

 

金栗四三はマラソン足袋でストックホルムに向かいますが、

舗装されたストックホルムの道には耐えられず、マラソン足袋も破れてしまいます。

さらに、舗装された道は足への衝撃が大きく、マラソン足袋では衝撃を吸収できなこともわかりました。

 

金栗四三はマラソンで完走できず、

悔しい思いを胸に帰国します。

 

自身のマラソン向上と共に、

足袋の改良も課題として取り組んでいくことになります。

 

金栗足袋の開発

黒坂辛作は、

ストックホルムから帰国した金栗四三からの情報をもとに、

さらなる足袋の改良を行います。

 

金栗四三はストックホルムで他国選手のシューズを目にしており、

シューズに近いものを開発してほしいと頼みます。

 

そして開発されたのが「金栗足袋」

 

底の強度や衝撃は、足底にゴムをつけることで対応。

また、足袋では「小鉤(こはぜ)」と呼ばれる足首部分の留め具で固定するのが一般的でしたが、

足の甲の部分にひもをつけました(ひも靴の近いイメージです)

 

金栗足袋は大ヒットし、

多くの日本人マラソン選手に愛用されました。

 

のちに1936年(昭和11年)ベルリン五輪で

男子マラソン金メダルに輝いた孫基禎選手

金栗足袋を履いていたといわれます。

 

スポンサーリンク

カナグリシューズの開発

第二次世界大戦後、

ハリマヤは、足袋ではなくシューズの開発を行います。

 

そこでできあがったのが「カナグリシューズ」

 

1953年のボストンマラソンでは、

カナグリシューズをはいた山田敬蔵選手が当時の大会新記録で優勝します。

 

その後の日本人マラソンの主流はシューズへと変わっていくこととなります。

 

ハリマヤはマラソンシューズを製作・開発を続けていきますが、

アシックス(当時はオニツカ)などの他社の台頭により、

ハリマヤは徐々に衰退していきます。

 

そして、バブル崩壊後の1991年にハリマヤは倒産してしまいます。

 

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』人物解説・キャスト一覧

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 , 2019 All Rights Reserved.