大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

U-NEXTでは大河ドラマ最新回や過去の作品も配信中!お得に観る方法を伝授!

動画配信サービス「U-NEXT」では 現在放送中の大河ドラマ「西郷どん」の最新回や、 「真田丸」「龍馬伝」などの過去の大河ドラマが配信されていることをご存知ですか? そこで、今回は、 大河ドラマファン ...

続きを見る

古今亭志ん生(ここんてい しんしょう・美濃部孝蔵)とは?落語の神様とよばれた男の生涯 大河「いだてん」キャストはビートたけし(北野たけし)

投稿日:

 

古今亭志ん生(ここんてい しんしょう・美濃部孝蔵)について、むずかしい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説していきます!

2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」キャストはビートたけし(北野たけし)

 

スポンサーリンク

 

古今亭志ん生(美濃部孝蔵)の生い立ち

 

古今亭志ん生(ここんてい しんしょう)は、1890年(明治23年)に東京都神田区で生まれます。

本名は美濃部孝蔵です。

生まれは位の高い士族でしたが、

明治維新での支給金は父の代でほとんど使い果たしたため、

非常に貧しい暮らしでした。

 

幼いころより父に連れられて寄席に行っていました。

 

尋常小學校に入学しますが、素行が悪く卒業直前に退学させられ、

仕事に就くもすぐに逃げるなど転々します。

ばくちや酒ばかりの放浪生活をしたのちに、

浅草に住むこととなります。

 

落語の世界へ

 

20歳ごろに2代目三遊亭小圓朝に弟子入りし、

それから6,7年後に、二つ目となります。

(「二つ目」とは、前座と真打の間のことで、落語家として一人前とみなされるものです。)

 

その後、4代目古今亭志ん生門に移籍します。

それから数年後、真打となります。

 

そのころ、清水りんと結婚します。

 

スポンサーリンク

 

落語界でも素行が悪く苦労する

 

真打となったのちに、

落語界の実力者に立てついて、落語界にいられなくなります。

謝罪して復帰は出来たものの、

今度は師匠の羽織を質に入れてしまい、また追放されます。

再度、謝罪してもどれたものの、

前座と同じ扱いであり、生活は貧しかったようです。

寄席の仲間からも良く思われていませんでした。

 

その後、1941年には独演会を開くようになり、大勢の客が足を運ぶほどの人気となっていきました。

 

 

満洲へ

 

1945年、軍の慰問芸人として満州に移ります。

しかし、終戦によって日本に帰ることができなくなり、

非常に苦しい生活をしいられることとなります。

 

1947年に帰国することができました。

帰国のニュースが取り上げられ話題となり、

その後は寄席やラジオなどで大人気となりました。

 

落語協会会長に

 

1957年、落語協会の4代目会長となります。

しかし、1961年に脳出血で倒れ、3か月間こん睡状態となります。

奇跡的に回復するも、それまでの芸風とは違ったものになっていました。

 

1964年には紫綬褒章受章を受賞しますが、

その数年後に、演目が途中で別のものになってしまっていることを指摘され、高座に上がらなくなります。

本人は少し休んで復帰するつもりでしたが、これが事実上の引退でした。

 

そして、1973年、83歳で亡くなっています。

スポンサーリンク

-いだてん

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.