大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

U-NEXTでは大河ドラマ最新回や過去の作品も配信中!お得に観る方法を伝授!

動画配信サービス「U-NEXT」では 現在放送中の大河ドラマ「西郷どん」の最新回や、 「真田丸」「龍馬伝」などの過去の大河ドラマが配信されていることをご存知ですか? そこで、今回は、 大河ドラマファン ...

続きを見る

謎の漂流者 ジョン万次郎(中浜万次郎)の生涯 薩摩藩や西郷隆盛(吉之助)・島津斉彬との関係 大河ドラマ「西郷どん」キャストは劇団ひとり

更新日:

 

2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」に登場する

謎の漂流者 ジョン万次郎(中浜万次郎)の生涯、薩摩藩や西郷隆盛(吉之助)との関係について、

むずかしい言葉をできるだけ使わずに、わかりやすく解説していきたいと思います!

(キャストは劇団ひとりさん)

スポンサーリンク

 

ジョン万次郎の生い立ち

ジョン万次郎は、

1827年に土佐国中濱村(高知県土佐清水市中浜)にて生まれます。

家は貧しく、8歳のころに父を亡くし、母と兄が病弱だったため、

ジョン万次郎は幼いころから漁師をするなど働いていました。

 

なお、西郷隆盛が1828年生まれですので、

ほぼ同世代となります。

 

漂流

ジョン万次郎が14歳のときに、

漁に出ていたときに嵐にあい、漁師仲間4人とともに遭難してしまいます。

そして数日間漂流のすえ、「鳥島」という無人島にたどり着きます。

ここで仲間たちと143日間もの無人島生活を送ります。

 

ちなみにこの鳥島

東京から南に580kmほど離れた島です。

土佐から漁に出て、そんなに遠くまで流れ、島に上陸できたのは、奇跡だったでしょう。

また、鳥島には、人が住んでいましたが、1802年の噴火によって島民全員が亡くなったそうです。

もし、鳥島が「無人島」でなければ、その後ジョン万次郎がアメリカに渡ることもなかったかもしれません。

 

アメリカへ

ジョン万次郎たちは、アメリカ捕鯨船ジョン・ホーランド号に発見され、助けられます。

帰国したいと思うものの、当時の日本は鎖国しており、アメリカ船が近づける状態ではありませんでした。

さらに、日本人の外国からの帰国も禁止されており、日本に帰ることは危険だと判断。

仲間たちはハワイに行くことになります。

しかしジョン万次郎は、その頭の良さなどを船長のホイットフィールドに気に入られており、

ジョン万次郎自身も、アメリカ本土に渡り学ぶことを決意。

船長ホイットフィールドの養子となり、マサチューセッツ州フェアヘーブンで一緒に暮らすこととなります。

 

オックスフォード学校やバーレット・アカデミーで

英語・数学・測量・航海術・造船技術などを学びます。

非常に熱心に勉強し、首席(一番の成績)をとりました。

卒業後、数年間捕鯨船に乗ります。

 

スポンサーリンク

 

日本への帰国を決意

捕鯨船の船員としての生活ののち、日本に帰ることを決意。

ゴールドラッシュに沸いているカリフォルニアに行き、資金を集め船を購入。

ハワイにいる仲間たちのもとに行き、一緒に日本にもどります。

 

琉球に到着し、薩摩へ

ジョン万次郎たちは、琉球に上陸します。

琉球は当時薩摩藩の服属しており、

外国から帰国したジョン万次郎たちは尋問されます。

 

その後、薩摩の鹿児島に送られます。

薩摩藩の藩主・島津斉彬は西洋の知識を重視する人物であったため、

ジョン万次郎らはもてなされ、海外の情勢や文化、技術などについて質問したとされます。

 

 

スポンサーリンク

 

土佐へ帰郷

薩摩藩での取り調べの後、長崎に送られ長崎奉行所などにて長期間尋問を受けます。

そして琉球への上陸から2年、やっとの想いで土佐にもどることを許されます。

 

土佐にもどったのちに、ジョン万次郎は武士の位を与えられ、

土佐藩の藩校「教授館」の教授となります。

このときに後藤象二郎岩崎弥太郎などを指導しました。

 

ペリー来航、幕府に必要とされる

そのころ、幕府はペリー来航により混乱しており、

アメリカに関する情報を持っているジョン万次郎を必要としていました。

ジョン万次郎は通訳や造船指導などをおこないますが、

スパイ容疑をかけられ、ペリーの通訳からははずされてしまいます。

表舞台からははずされてしまいますが、裏で日米和親条約の締結に向けて尽力したとされます。

 

1860年には、日米修好通商条約の批准書交換のための海外使節団の一員として、咸臨丸に乗りアメリカへ。

咸臨丸には、勝海舟福沢諭吉などが乗っていました。

 

その後、幕府の軍艦操練所や土佐藩の開成館などで指導を行っています。

1867年には薩摩藩に招かれ鹿児島にて航海術や英語を教えています。

 

スポンサーリンク

 

明治維新後のジョン万次郎

明治維新後、開成学校(現在の東京大学)の英語教授となります。

1870年には普仏戦争視察団として大山巌らと共にヨーロッパに渡り、

帰りにアメリカでホイットフィールドと再会しています。

 

明治政府の政治家たちとも交流が深かったため、政治家になるよう誘われたが、

本人は教育者として生きていたいと話したとされます。

そして、1898年、72歳で亡くなります。

 

ジョン万次郎と西郷隆盛(吉之助)との関係は?

さて、今年のドラマの主人公は西郷吉之助なので、

ジョン万次郎と西郷吉之助の関係が気になるところですが、

直接的な関係を示す資料は見つかりませんでした。

 

琉球への上陸後に薩摩で島津斉彬に会っていますが、

このころまだ、西郷吉之助は島津斉彬に仕えていませんので、会っていたとは考えにくいです。

 

また、1867年に鹿児島に招かれた際も、

西郷吉之助は倒幕に向けて日本中を走り回っていた時期ですので、会っていた可能性も低いと思われます。

 

明治維新後、二人が会っていた可能性はありますが、

二人が協力して同じことを行ったというよりは、

あいさつ程度に顔を合わせただけのだと思われます。

西郷どん 人物解説一覧

スポンサーリンク

-西郷どん

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.