大河ドラマで学ぶ日本の歴史

大河ドラマに出てくる人物などを、むずかしい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説!

石川数正とは?瀬名との関係やなぜ家康を裏切ったか、子孫についても解説!大河「直虎」のキャストは中村織央

更新日:

 

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、

イケメン俳優 中村織央が演じる石川数正という人物について、

難しい言葉をできるだけで避けて、わかりやすく解説していきます!

 

スポンサーリンク

 

徳川家康が今川家の人質となっているころから仕えていた石川数正

 

石川数正は、父・石川康正の嫡男(正室との長男)として三河(愛知県東部)で生まれました。

子供のころの徳川家康は、今川家に人質として駿府(静岡県静岡市)に行っていましたが、

徳川家康に年が近かった石川数正は、家康のお供として一緒に駿府に行くことととなりました。

このように、子供時代より家康と一緒に過ごしてきた石川数正は、その後、徳川家の重要な家臣として活躍することになります。

 

徳川家に仕えて大活躍する石川数正

 

徳川家に仕えている間に石川数正が成し遂げた数々の活躍のうち、いくつかを紹介します。

 

家康の妻・瀬名(築山殿)と嫡男・徳川信康を、今川家より救出

徳川家康は、今川家に仕える立場でしたが、

桶狭間の戦い今川家が織田信長に大敗すると、

徳川家康は、岡崎城に入り独立することになります。

すると、今川家は激怒。

その時、人質として今川家におかれていた妻の瀬名(築山殿)嫡男の徳川信康に危険がおよびます。

その際に、今川家との交渉を担当したのが石川数正。

見事、瀬名と徳川信康を救出することに成功します。

 

スポンサーリンク

 

徳川家と織田家との同盟(清州同盟)に貢献

桶狭間の戦いまで、徳川家は今川家に仕えていました。

また、今川家と織田家は敵対関係にありましたので、

徳川家と織田家は元々対立する立場関係でした。

しかし、桶狭間の戦い以降、徳川家が今川家から独立すると、事情が変わります。

岡崎城(愛知県岡崎市)にいる徳川家にとって、

すぐ東には裏切った相手の今川家がいるため、

すぐ西にいる織田家(愛知県西部)と同盟を結んだ方が有利になるのです。

一方の織田家も、北の美濃(岐阜県南部)の斎藤家と対立していたため、徳川家と手を結んだ方が有利だったのです。

そこで、徳川家と織田家は同盟(清州同盟)を結ぶことになり、その際に貢献したのが石川数正でした。

 

三河一向一揆で父と敵対しても徳川家を守る石川数正

清州同盟の1年後、「三河一向一揆」が起こります。

仏教の浄土真宗派の者が中心となった徳川家への反乱で、それまでの徳川家の家臣たちも数多く反乱に加わっています。

徳川家康にとって「三方ヶ原の戦い」「伊賀越え」と並ぶほどの危機といわれる「三河一向一揆」では、

石川数正ら石川家は、家康側と反乱側に分かれてしまいます。

その際、石川数正の父・石川康正も反乱側についてしまいますが、石川数正は家康側に残り、父と敵対しながらも徳川家を守ります。

 

徳川家康の嫡男・信康の後見人となる石川数正

 

数々の活躍をみせた石川数正はその後徳川家の家老となり、徳川家康の嫡男・徳川信康の後見人という重要なポジションにつくことになります。

徳川家康の妻で信康の母である瀬名(築山殿)も、子供時代の家康や石川数正とともに駿河の今川家にいたため、瀬名との関わりが深かったことも後見人になった理由の一つかもしれません。

徳川信康は岡崎城の城主となり、石川数正もそれに従います。

織田家と徳川家の同盟のため、徳川信康は織田信長の娘・徳姫と結婚します。

しかしながら、徳姫は徳川信康や瀬名との仲が悪く、「瀬名が武田家と内通している」などと織田信長への手紙に書いてしまったことから、信長は激怒。

徳川信康は信長の命令により切腹、瀬名も暗殺されてしまいます。

 

なお、城主がいなくなった岡崎城は、石川数正が城主となります。

 

スポンサーリンク

 

徳川家から豊臣家へ謎の逃亡

 

その後、織田信長が本能寺の変で亡くなると、

豊臣秀吉が力をつけていき、徳川家と対立するようになります。

その際に、秀吉との交渉を担当したのも石川数正。

徳川家と豊臣家との間に起こった「小牧・長久手の戦い」での和睦交渉も行いました。

 

しかし、その後、石川数正は徳川家から豊臣家へと謎の逃亡をはかります。

理由はいまだに分かっていませんが、

徳川信康・瀬名の死に関する不満」

「徳川家康との不仲」

「豊臣秀吉から好待遇での受け入れを提案された」

など諸説あります。

 

いずれにせよ、これまで徳川家の重臣であった石川数正が豊臣家に移ったわけですから、徳川家の様々な機密情報が豊臣家に漏れてしまい、徳川家にとっては不利な状況になってしまいました。

それまでの戦い方が筒抜けになってしまっていると考えたため、それまでの戦い方から武田流の戦い方に変えざるを得なかったと伝わります。

スポンサーリンク

 

石川数正の最期とその子孫

豊臣家に移った石川数正は、河内国(大阪府)で8万石を与えられ、

その後、信濃国松本(長野県松本市)に入り現在でも残る国宝・松本城の築城にあたります。

そして、朝鮮出兵の際に享年61歳で死去しました。

 

その後、石川数正の長男である石川康長が松本城の城主となります。

関ヶ原の戦いの際には、石川康長は徳川方につき、その後もしばらくは松本を与えられていました。

しかし1613年「大久保長安事件」という事件にまきこまれてしまい、石川康長は改易(領土を没収されること)されてしまいます。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 人物解説一覧

スポンサーリンク

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 , 2018 All Rights Reserved.