大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

U-NEXTでは大河ドラマ最新回や過去の作品も配信中!お得に観る方法を伝授!

動画配信サービス「U-NEXT」では 現在放送中の大河ドラマ「西郷どん」の最新回や、 「真田丸」「龍馬伝」などの過去の大河ドラマが配信されていることをご存知ですか? そこで、今回は、 大河ドラマファン ...

続きを見る

井伊直政(虎松・万千代)とは?子孫の井伊直弼や松下家との関係 大河ドラマ「おんな城主 直虎」のキャストは菅田将暉・寺田心

更新日:

 

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、

菅田将暉・寺田心がキャストを演じる井伊直政(虎松・万千代)という人物について

難しい用語を使わずにわかりやすく解説していきます!

 

 

スポンサーリンク

 

父・井伊直親の死によって運命が変わる井伊直政

 

井伊直政(虎松・万千代)は、

父・井伊直親と母・奥山ひよ(しの)の二人の間に

遠江国井伊谷の祝田(静岡県浜松市北区)で生まれます。

 

父の井伊直親は井伊家の当主であり、

順当に行けば、次は井伊直政がそのまま当主を継ぐはずでした。

 

しかし、井伊直親は、

今川家に逆らおうとしていると疑いをかけられ、

今川氏真によって殺されてしまいます

 

それによって、井伊家は当主を失い大混乱。

井伊直政はまだまだ幼かったため当主にはなれなかったため、

井伊直虎が当主となりました。

井伊直親の息子であった井伊直政も、今川家によって命を狙われますが、

今川家家臣の新野親矩による嘆願により、命はとられることはありませんでした。

 

スポンサーリンク

 

小野政次の裏切りにより逃亡する井伊直政

 

今川家から命を狙われることはなくなったものの、

その後も井伊直政には危機がせまります。

 

今川家と武田家との間に戦が起こった際に、

今川氏真は、井伊家の家老である小野政次に井伊家を乗っ取らせて、

自分達の都合のいいように動かそうとたくらみます。

そこで、今川氏真は、井伊直政を殺すよう、小野政次に命令します。

しかしながらその計画は失敗し、

うまく逃げた井伊直政は、寺に入り身を隠しますが、

井伊家はそのまま一時滅亡してしまいます。

 

その後、母である奥山ひよ(しの)は

松下源太郎と再婚。

井伊直政は、松下家の養子となります。

 

徳川家康に仕える井伊直政

 

成長した井伊直政は、

井伊直虎・祐椿尼・奥山ひよ・南渓瑞聞(南渓和尚)らの計らいにより、

徳川家康のもとに行くこととなります。

徳川家康との初対面は鷹狩りだったとされ、

その場で才能を見い出され、井伊直政は小野亥之助(朝之・万福)とともに小姓(世話係)に取り立てられています。

その時は、井伊直政は松下家の養子だったため、正式には井伊家の者ではなかったのですが、

徳川家康により井伊家を復活することを許され、

もとの領地である井伊谷の領有を認められます。

 

スポンサーリンク

 

徳川四天王として活躍する井伊直政

 

徳川家康に仕えてからの井伊直政は見事な活躍ぶりでした。

そのころ徳川家康と武田信玄の息子・武田勝頼は敵対関係にあったのですが、

その戦いの一つである高天神城の戦いにて武功を挙げたとされます。

のちに、武田家は滅びてしまいます。

 

さらに、本能寺の変の際、織田信長と同盟関係にあった徳川家康は堺にいて身の危険にさらされるのですが、

その逃亡(いわゆる伊賀越え)でも井伊直政は徳川家康に従い、見事家康の逃亡成功を手助けしています。

 

さらには井伊直政は、武田家が滅びた後の旧武田家家臣たちをまとめ、部隊をつくり率いることとなります。

この部隊は、真っ赤な武具をまとっており「井伊の赤備え」と呼ばれましたが、

これは武田家の家臣だった山県昌景(やまがた まさかげ)が率いていた「赤備え」をもとにしたといわれています。

この「井伊の赤備え」の活躍はめざましく、小牧・長久手の戦いなど多数の戦いで武功を挙げたとされ、

井伊直政は「徳川四天王」の一人と称されることとなります。

 

豊臣秀吉との関係と関ヶ原の戦い

 

徳川家康が豊臣秀吉に従うようになると、

豊臣秀吉は井伊直政を高く評価し、豊臣姓を与えるとともに「侍従」の位を与えています。

「侍従」はいわば天皇のそばに仕える役人であり、徳川家家臣の中では最も位が高いものでした。

 

豊臣秀吉による小田原城攻めでは、唯一城内まで攻め込むことに成功、

奥州仕置(東北地方の平定)でも活躍しています。

 

徳川家康が江戸にうつると、

井伊直政は12万石という徳川家臣最大の石高で箕輪城(群馬県高崎市)の城主となります。

 

豊臣秀吉が病死し、徳川家康と石田三成が対立するようになると、

井伊直政は、もともと豊臣方だった複数の武将たちを徳川方に引き込むことに成功しています。

関ヶ原の戦いでも、東軍(徳川方)の中心的人物として勝利に導いています。

 

関ヶ原の戦い後の戦後処理にも尽力し、

西軍(石田方)についた者との講和交渉などを行っています。

西軍の毛利輝元島津家には領地を残す、

真田昌幸・真田幸村の助命など、

徳川家に刃を向けた者たちに寛大な対応を行いました。

 

彦根藩の初代藩主となり、井伊直弼の先祖となる井伊直政

 

これらの活躍によって、

もともと石田三成が治めていた近江国佐和山(滋賀県彦根市)に18万石を与えられます。

当初は石田三成の居城であった佐和山城に入りますが、

敵の城に入ることを嫌がった井伊直政は新しい城を建設します。

これが国宝・彦根城です。

 

彦根藩の初代藩主となった井伊直政は

関ヶ原の戦いから2年後、41歳の若さで病死しました。

その後、彦根藩は代々井伊直政の子孫が藩主を務めることとなります。

 

時は幕末に飛びますが、

安政の大獄を行い、桜田門外の変で殺害された井伊直弼は、

彦根藩の16代目の藩主であり、井伊直政の直接の子孫にあたります。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 人物解説一覧

スポンサーリンク

-おんな城主直虎

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.