大河ドラマで学ぶ日本の歴史

大河ドラマに出てくる人物などを、むずかしい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説!

本多正信とは?大河「直虎」のキャストは六角精児 本多忠勝との関係 

更新日:

 

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」

六角精児がキャストを演じる本多正信という人物について、

難しい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説していきます!

 

 

スポンサーリンク

 

 

本多正信の生い立ちと本多忠勝との関係

 

本多正信は三河国(愛知県西部)にて本多俊正の次男として生まれ、

鷹匠として徳川家康に仕えるようになり、

桶狭間の戦いでは徳川家康に従って戦ったといわれます。

 

なお、同じく徳川家康の家臣の

名前のよく似ている本多忠勝とは

同じ本多一族ですが、遠い親戚にあたる関係のため、

親子や兄弟などのような近い関係ではありませんので

混乱しないようにお願いします。

 

一向一揆で徳川家康を裏切る

 

徳川家康にとって大きな危機であった一向一揆が起こります。

一向一揆とは、仏教の浄土真宗の信徒たちを中心とした徳川家康への反乱です。

一向一揆には徳川家康の家臣も反乱に加わっており、

熱心な浄土真宗の信徒であった本多正信も反乱側に加わります。

のちに一向一揆は鎮められてしまいますので、

反乱側についた本多正信は居場所を失い、

徳川家康のもとを離れて松永久秀に仕えることとなります。

 

スポンサーリンク

 

徳川家にもどる本多正信

 

松永久秀に仕えることとなるものの、

その後、松永久秀のもとも離れて、

諸国をふらふら流浪していた時期があるとされます。

 

そして、本能寺の変の前までには

徳川家康の家臣の大久保忠世による仲介により徳川家に戻ることに成功しています。

 

しかし、一度は裏切った身ですので、

徳川家の家臣たちからの扱いは良くなかったといわれています。

徳川家康の家臣の榊原康政からは「腸が腐ったやつ」と言われ、

本多忠勝ら本多一族からは「同族とは思わないでほしい」などと言われていたとされます。

 

徳川家康の元で数々の活躍をみせる本多正信

 

徳川家の家臣たちから良く思われていなかった本多正信も、

たくさんの活躍をみせていくことになります。

 

武田信玄の息子・武田勝頼が亡くなることによって滅びた

武田家の家臣たちを徳川家に取り込むことに成功するなど活躍し、

相模国の大名となっています。

 

また、関ヶ原の戦いの際に、

徳川家康の息子・徳川秀忠が無謀にも上田城(長野県上田市)を攻めることにこだわっていた際も、

本多正信は上田城攻めをやめるよう進言していたといわれます。

 

スポンサーリンク

 

江戸幕府で老中となる本多正信

 

本多正信は、徳川家康が将軍職に就けるように朝廷への交渉をおこなっており、

それが成功して江戸幕府が開かれることとなります。

本多正信の存在が江戸幕府に大きく貢献したということを聞くと、

この人物がいかに重要な人物かということがわかると思います。

 

そして、徳川家康が将軍職を息子の徳川秀忠に譲ると、

本多正信は徳川秀忠に仕えて政治をサポートし、

ついには老中という江戸幕府の重要ポストに就くことになります。

 

そして徳川家康が亡くなると、本多正信は息子の本多正純に後をつがせ、

まもなく79歳で亡くなったとされています。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 人物解説一覧

スポンサーリンク

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 , 2018 All Rights Reserved.