大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

U-NEXTでは大河ドラマ最新回や過去の作品も配信中!お得に観る方法を伝授!

動画配信サービス「U-NEXT」では 現在放送中の大河ドラマ「西郷どん」の最新回や、 「真田丸」「龍馬伝」などの過去の大河ドラマが配信されていることをご存知ですか? そこで、今回は、 大河ドラマファン ...

続きを見る

橋本左内(はしもとさない)について解説!西郷隆盛との関係や啓発録など 大河ドラマ「西郷どん」キャストは風間俊介

更新日:

 

2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」に登場する橋本左内(はしもとさない)について

むずかしい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説していきます!

キャストは風間俊介さん。

スポンサーリンク

 

橋本左内の生い立ち

橋本左内は、

1834年に越前国福井藩にて生まれます。

父の橋本長綱は医者だったため、医学を学びます。

(弟の橋本綱常は医者として大成し、陸軍軍医総監や東京大学医科大学教授などをつとめています)

 

橋本左内は16歳のころ大阪に出て、緒方洪庵の適塾にて蘭方医学(西洋医学)を学んだのちに、

父を継いで福井藩の藩医として働きます。

 

その後、福井藩主・松平春嶽の側近となります。

 

橋本左内と西郷吉之助(隆盛)の関係

橋本左内は、松平春嶽の側近として、江戸に行きます。

そのころ、幕府では「将軍継嗣問題」が起こります。

「将軍継嗣問題」は、次の将軍をめぐって、

一橋慶喜派徳川慶福派に分かれた争いです。

 

薩摩藩の西郷吉之助は、

藩主・島津斉彬のもとで、一橋慶喜を次の将軍にしようと尽力していました。

松平春嶽も島津斉彬と同じく、一橋慶喜を推していましたので、

橋本左内と西郷吉之助は交流がありました。

 

スポンサーリンク

 

安政の大獄で処刑される橋本左内

「将軍継嗣問題」は、徳川慶福が14代将軍徳川家茂となるという結果に終わりました。

このことは、橋本左内や西郷吉之助にとっては敗北ともいえるものでした。

 

また、徳川慶福を推していた中心人物である大老・井伊直弼の力が増していき、

反対派を次々と処刑・謹慎させていくようになります。

世にいう「安政の大獄」です。

 

一橋慶喜派として井伊直弼と対立していた松平春嶽は謹慎となり、

橋本左内も投獄ののちに斬首となります。

享年26歳でした。

 

橋本左内の「啓発録」

橋本左内といえば「啓発録」が有名です。

橋本左内が15歳という若さで書いたとされる「啓発録」は、

現代にも通じる内容のため、現代ビジネスマンにも人気です。


西郷どん 人物解説一覧

スポンサーリンク

-西郷どん

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.