大河ドラマで学ぶ日本の歴史

大河ドラマに出てくる人物などを、むずかしい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説!

春野スヤについてわかりやすく!金栗四三の妻 大河ドラマ「いだてん」キャストは綾瀬はるか

投稿日:

 

2019年NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』に登場する

春野スヤという人物について、

むずかしい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説していきます!

ドラマキャストは綾瀬はるか

 

スポンサーリンク

春野スヤの生い立ち

春野スヤは、

1892年(明治25年)に熊本県玉名郡で、医者の娘として生まれます。

 

金栗四三も熊本県玉名郡の生まれです。

ドラマでは幼なじみという設定ですが、

実際に二人が出会うのは大人になってからのことです。

 

金栗四三と結婚する春野スヤ

金栗四三の親戚にあたる池部幾江は、

名かである池部家に嫁いだものの、

夫に先立たれ子供もおらず、跡取りがいませんでした。

 

そのため、池部幾江は、親戚の金栗四三を養子に迎えたいと申し出ます。

 

そのときに結婚相手として選ばれたのが、

地元の医者の娘であった春野スヤでした。

 

二人が結婚したのは1914年ですので、

金栗四三がストックホルム五輪に出場してから2年後のことです。

このころ金栗四三は東京師範学校(現在の筑波大学)を卒業し、研究科にいました。

 

スポンサーリンク

金栗四三を支え続ける春野スヤ

結婚後、

金栗四三はマラソン選手としてだけでなく、

教師職のかたわら駅伝大会の考案や選手の指導などを積極的に行います。

 

マラソンに熱中する金栗四三は、

春野スヤを熊本に残して東京で単身赴任を長期間続けますが、

そんな金栗四三を春野スヤは東京に通いながら支え続けます。

 

のちに、春野スヤは東京に呼ばれ一緒に暮らすようになりますが、

その後、熊本に戻り金栗四三は教師として勤めます。

 

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』人物解説・キャスト一覧2

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 , 2019 All Rights Reserved.