大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

U-NEXTでは大河ドラマ最新回や過去の作品も配信中!お得に観る方法を伝授!

動画配信サービス「U-NEXT」では 現在放送中の大河ドラマ「西郷どん」の最新回や、 「真田丸」「龍馬伝」などの過去の大河ドラマが配信されていることをご存知ですか? そこで、今回は、 大河ドラマファン ...

続きを見る

織田信長 浜松城の徳川家康による接待は史実だった!富士山見物の帰りに 48話「信長、浜松来たいってよ」

更新日:

 

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第48話「信長、浜松来たいってよ」では、

織田信長が徳川家康のいる浜松城でもてなしを受ける、

という描かれ方になります。

このことは歴史の上でも真実だったようなので、

今回は、織田信長による浜松城訪問についてまとめていきます!

 

武田家を滅亡させ、甲府から帰る途中で富士山見物へ

 

織田家と戦っていた武田家はあと一歩で滅亡するという状態でした。

そして、織田信長が自ら出陣。

まもなく武田家は滅び、その戦後処理のため、織田信長は武田家の本拠地・甲府(山梨県)に入りました。

 

その後、甲府から帰る途中に富士山見物に出かけます。

織田信長にとって、富士山については知っていたものの生で見ることができないものでした。

それまで、富士山周辺は、対立していた今川家や武田家が治めていたためです。

富士山を見物して帰りたいという気持ちがわいたのも、不思議ではなかったと思います。

 

実際、織田信長が富士山を見て非常に喜んでいたという資料も残っているようです。

 

富士山見物の帰りに浜松に寄り、接待を受ける

 

富士山を見物した後、東海道を通って安土に帰ろうとします。

今でいえば、新幹線の静岡から滋賀の米原を通るルートに近いです。

そのため、途中に徳川家康がいる浜松城に寄ったとされています。

 

徳川家康はそのため、

浜松城でのもてなしだけでなく、

織田信長が通る道の整備も行ったとされます。

 

 

富士山見物や浜松訪問は、軍事視察だった?

 

明智光秀の子孫である明智憲三郎氏の著書「本能寺の変 431年目の真実」では、

富士山見物や浜松訪問は軍事視察目的だったという説が書かれています。

 

今川家や武田家がほろんだあと、駿河(静岡県)は徳川家康が治めることとなりました。

しかし、織田信長は、のちに徳川家康を暗殺し、駿河を自分達のものにしようとしていたため、

富士山見物は見せかけであり、本当の目的は駿河を視察することだったのでないかと、明智憲三郎氏は書いています。

 

スポンサーリンク

-おんな城主直虎

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.