大河ドラマで学ぶ日本の歴史

大河ドラマに出てくる人物などを、むずかしい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説!

月照とは?(げっしょう) 西郷隆盛との関係や生涯 清水寺の住職 大河「西郷どん」キャストは尾上菊之助

更新日:

 

月照(げっしょう)について、むずかしい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説していきます!

2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」のキャストは尾上菊之助さん

 

スポンサーリンク

 

清水寺成就院の住職となる月照

 

月照は、1813年に大坂で生まれました。

父親は町医者をしていた人物です。

14歳のころに、叔父の蔵海の後継者として清水寺の成就院(じょうじゅいん)に入って僧となります。

 

成就院は清水寺の北部に位置しており、

現在は春・秋の年に2回だけ、期間限定で公開している観光名所です。清水寺成就院

 

そして、月照は23歳で住職になります。

 

尊攘攘夷派となる月照

 

 

成就院は公家とのかかわりが深く、

月照は和歌などを通じて近衛忠煕など公家との交流を盛んに行いました。

その中で、尊攘攘夷の考え方に染まっていきます。

 

そして、住職を弟に譲り、月照は尊王攘夷派としての活動を活発化させていくこととなります。

 

西郷吉之助(隆盛)と出会う月照

 

そのころ、薩摩藩の藩主・島津斉彬は、

次の将軍を一橋慶喜(のちの徳川慶喜)にしようと尽力していました。

そのため、島津斉彬は公家や朝廷とのつながりを持ちたいと考えていました。

そこで目を付けたのが、前藩主・島津斉興の娘が近衛忠煕に嫁いでいたという事実。

近衛忠煕を通じて、朝廷や公家と関わろうと考えました。

 

そのころ、西郷吉之助島津斉彬の手足となって働いており

月照近衛忠煕に近い存在だったため、

このときに西郷吉之助と月照は出会っています。

 

スポンサーリンク

 

安政の大獄で追われ、西郷吉之助とともに入水

 

しかし、島津斉彬が急死してしまいます。

尊敬する主君を失ったショックで自ら命を絶とうとしていた西郷吉之助

説得して思いとどまらせたのが月照だといわれています。

 

その後、大老・井伊直弼の力が増していき、

「安政の大獄」で反対派を次々と処罰していきます。

井伊直弼は、一橋慶喜派とは対立していましたので、

一橋慶喜を次期将軍に推していた月照や西郷吉之助も追われる身となります。

 

月照は、西郷吉之助とともに京都から逃げ薩摩に逃げようとします。

しかしながら、月照をかくまうことは薩摩藩にとってリスクの大きいものでした。

そのため、薩摩藩は月照をかくまおうとせず、日向国に行くよう命じます。

それはあくまで建前で、薩摩藩と日向国の国境にて月照を殺害するつもりであり、

そのことは月照も西郷吉之助も知っていたとされます。

 

そして、月照は同行してた西郷吉之助とともに、錦江湾(鹿児島湾)に身を投げます

月照はそのまま亡くなってしまいますが、

西郷吉之助は奇跡的に生還します。

 

月照と西郷隆盛は男色(BL)だった?

 

月照と西郷隆盛が入水した際、

二人は抱き合っていたとされ、

海から引き揚げられたときも抱き合っていたとされます。

 

そのため、月照と西郷隆盛は男色(同性愛)だった?

という説もあります。

 

大河ドラマの脚本の中園ミホさんが、

「BL(ボーイズラブ)」

にかんする発言をしていたため、

大河「西郷どん」では、男色が入る可能性があります。

西郷どん 人物解説一覧

スポンサーリンク

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 , 2018 All Rights Reserved.