大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~

大河ドラマに出てくる人物や出来事、時代背景などについてわかりやすく解説!歴史初心者にも理解してもらえるように、難しい用語を使わずにまとめます!

愛加那(あいかな・とぅま)とは?西郷隆盛の2人目の妻 奄美大島での出会いからその子孫まで解説 大河「西郷どん」キャストは二階堂ふみ

更新日:

 

2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」で二階堂ふみさんが演じる愛加那(あいかな・とぅま)

西郷隆盛の2人目の妻である愛加那について、

難しい言葉をできるだけ使わずにわかりやすく解説していきます!

 

スポンサーリンク

 

奄美大島の名家生まれの愛加那

 

愛加那は、奄美大島の名家である龍家(田畑家)龍為志の娘として生まれます。

龍家の祖先は源為朝(源頼朝・義経のおじ)ともいわれており、

奄美大島を治めていた一族だとされています。

 

 

奄美大島に逃れてくる西郷隆盛との出会い

 

安政の大獄井伊直弼に反抗する者を次々と処罰した事件)の際に、

西郷隆盛も追われる立場となります。

西郷隆盛自身や、それをかくまう薩摩藩に危害がおよぶことを防ぐために、

西郷隆盛は鹿児島の南にある奄美大島に逃げ住むこととなります。

 

奄美大島の人々は、西郷隆盛を流刑にされた罪人だと思い冷たく当たり、

島に来てしばらくは孤独で寂しい日々を送っていました。

しかし、薩摩藩の役人が島の人々を苦しめているを目にし、

西郷隆盛は、島の人々を助けるために力を尽くしたと言われています。

そのおかげで、島の人々は西郷隆盛を受け入れるようになったと言われます。

 

そうして奄美大島での生活になじんでいく中で龍家ともかかわりが深くなり、

愛加那は西郷隆盛の世話を行うようになりました

そのようななれ初めで二人は結婚。

二人の子供に恵まれることとなります。

 

愛加那を置いて鹿児島に戻る西郷隆盛

 

西郷隆盛が島で平和な暮らしをしている中、

本土では桜田門外の変井伊直弼が殺害され、安政の大獄が終わりました。

薩摩藩にとって非常に優秀な人材である西郷隆盛は、

奄美大島から鹿児島へ戻るように命令されます

 

しかし、ここで問題が。

 

薩摩藩には「島妻制度」というものがあり、

島で結ばれた妻は連れて帰ることが出来なかったのです。

 

泣く泣く愛加那は西郷隆盛と別れることになりました。

 

スポンサーリンク

 

愛加那のその後と子孫たち

 

愛加那は、西郷隆盛と別れた後も奄美大島に残って

二人の子供(西郷菊次郎・西郷菊子)を育てていきます。

 

そして明治維新後、

西郷隆盛の3人目の妻である岩山糸(西郷糸子)のはからいで、

西郷菊次郎と西郷菊子を鹿児島の西郷家に住むことになります。

さらに、西郷隆盛の弟である西郷従道のサポートもあり、

西郷菊次郎は台湾の支庁長や京都市長に、

西郷菊子は大山巌の弟・大山誠之助と結婚しています。

 

2人の子供が鹿児島に行ってからも、

愛加那は奄美大島に残り続けました。

西郷菊次郎が台湾へ行き来する際に奄美大島に度々立ち寄ったと伝えられています。

そして、65歳で畑仕事中に倒れ、そのまま亡くなったといわれます。

西郷どん 人物解説一覧

スポンサーリンク

Copyright© 大河ドラマで学ぶ日本の歴史 ~大河ドラマ情報館~ , 2018 All Rights Reserved.